ストレスフリーを目指すブログ

穏やかに健やかに暮らしたい

葬儀について色々思う事

夫の祖母が100才まで大往生して亡くなり葬儀が行われた時の話です。祖母は生前からベルコ会員だったようで(誰も来ないのに)豪華な祭壇でした。焼いてしまうだけのお棺も刺しゅう入りの立派なものでした。いったい誰のための葬儀だったのでしょう…。

来月には100才の誕生日を迎えるので、誕生日のお祝いを兼ねて豪華にしたかった、と義母は言います。義母から祖母の悪口(虐げられた話)をさんざん聞いていたので、なんだか納得できないモヤモヤがあります。

u-tantantan.hatenablog.com

豪華な葬儀と本家親戚筋への連絡は祖母本人の希望だった、ということなのでしょう。葬儀に来た本家の親戚たち数人は全て代替わりしており、祖母の兄弟たちは誰一人来ませんでした。来ません、というより、高齢で体力的に無理な状態なのだと思います。私の両親も80才を超えて最早近所の数百メートルが行動範囲の限界です。

代理で来た息子、娘たち(祖母から見て甥姪なので3親等)も若くて60代、本家当主も70代のように見えました。正直田舎から出てくるだけでもしんどかったと思います。私が姪の立場だったら、香典送って終わりにしたと思います。実際2月に亡くなった伯父の葬儀も参加せず姉弟の連名で香典を送って終わりでした。

世の中コロナだし、生きている兄弟姉妹は皆高齢で葬儀どころじゃないし、私だったら例え祖母本人の希望だとしてもコロナ理由に後日報告にしますけどね。私って結構冷徹な人間なのかも知れません。自分を虐げた毒親なら尚更です。

生前の義母と祖母の関係を見ている私としては、なんで自分を苦しめ搾取し続けた祖母にそんなに尽くさなくてはならないのか?という疑念ばかりです。私が義母の立場だったら葬儀もする気にならないと思います。

まあ、どんなひどい仕打ちをされても、親は親、ということなのでしょうか。結局毒親に死んだ後まで搾取され続けている義母です。生前あんなに文句言っていたのに死んだ途端に涙流して、死期が早まったのは施設に入ったせいだ、と言い出した。散々悪口たたいておきながら、それは無い。開いた口が塞がりません。祖母が亡くなったのは施設のせいではありませんし”早まった”わけではない、寿命です。そういう年齢なのです。

100才まで生きてこれ以上長生きしろと?元気な状態だったらまだ理解できますが、施設で寝たきりの状態で長生きして欲しいと思う心情が私には理解し難いです。恨みからなのか?って勘違いしてしまいます。私だったら寝たきりで生きていること自体悲劇です。と言うより、元気なころにもっと仲良くしとけよ、と思ってしまいます。

義母から聞く祖母の話に同情していた私としては、なんだかんだで、色々な事から解放されてホッしているだろう、と思いきや意外とへこんでいる様子を見ると悪口を言ったり何でも誰かのせいにする癖は(親譲りで)義母の持って生まれた性格なのかも?と思ってしまいました。割と夫もその愚痴が多い性格を受け継いでる感じは否めません。

葬式貧乏。寺には事ある毎にお布施。結局お布施しないと成仏できないよ、って脅されてるようなもんです。宗教なんてどれも所詮金取です。罰が当たるかも知れませんが、私はキリスト教なので関係ありません。私は死後天国へ行って新しい旅を始めるのです。神に召されたということは神に選ばれた、ということ。”成仏”なんて考えはキリスト教ではしませんから全然平気です。まして寝たきりであれば生きる苦しみから解放されますし。充実した人生を生きた人にとっては死は悲しいことではないと思うのです。

兄が亡くなった時はさすがに神様を恨みましたけど、でも、それほど神様が兄を欲しがったのだろうな、と思うようになりました。兄はいっぱい苦しんだし、いっぱい頑張ったから、神様が認めてくれたのだと、精一杯頑張ったから天国へ迎え入れてくれたのだと思います。

でも正直、高齢の両親から息子(兄)を奪ったわけですから、何も悪いことをしていない両親に今さら試練を与え、そんな惨い仕打ちをした神様に”なぜ?”と納得できないことも確かです。戒めに何かを奪うのとはわけが違います。どういう意図で生死を選別しているのか分かりませんが、そこに何か神様の意図があるのだとしたら、生かされている私達にはまだまだやれることが残っている、ということだと思います。

親友にしろ、兄にしろ、真面目で優しくて人間的に正しい人が神様に選ばれるのかな、若くして亡くなる人の共通点は”心優しくて正しい人、そして精一杯生きた頑張った人”なのだと私は思います。フランダースの犬のネロもそうだし…。真面目に生きていれば苦しいことも試練もあるけど頑張れば天国が待っている、そう思って毎日真面目に生きています。

【誰かのために生きる】母は父の為に、私は夫を始め家族のために、最近母と話すのですが、今生かされているのは、父の為、夫の為、家族の為、それだけなのかも知れません。”葬儀はしないこと”両親から言われています。生きているうちに親孝行をしよう。死んでから後悔しないように。

体は弱っているものの自立生活が出来て施設の世話になることもヘルパーを頼むこともなく自宅で余生を過ごす。できれば施設に入ることなく自宅で苦しむことなく寝たまま老衰できれば一番いいのですが。朝起きたら亡くなってた、って理想です。

心臓開胸手術をするくらいなら死んだほうがマシ、と拒否したくらいですから、もしこれから何か手術を要する病気が見つかったとしても多少の認知機能衰えはあるもののボケてはいない父のことですから尊厳死を選択するのではないかな、と予想しています。何があっても驚きません。癌サバイバー、開胸しないバイパス手術で心臓の病も乗り越えた父、会える距離にいて毎週会いに行ける。それだけで幸せです。

私の理想は余命宣告受けてホスピスかな…。両親や愛する人を看取ったら静かに逝きたい。できれば寝たきりにはなりたくないな。寝たきりの高齢者に限り家族の同意があれば積極的安楽死が認められる世の中になるといいな、と個人的には思っています。積極的安楽死を自殺と捉えるのであればキリスト教ではタブーになるので天国に行けるかは微妙なところですけど。誰の世話にもならないで死ねたら幸せ。無理ですけど。

祖母の通夜で久々に姪っ子に会いました。冗談半分ですが、私達死んだときはよろしくね~、友達いないから連絡して欲しい人もいないし、通夜葬儀なし火葬と遺産相続手続きだけお願いね~、と言っておきました。お墓は立てません。生前に樹木葬の永代供養契約しておかないと。管理費も毎年支払いではなく一括で払いきれるタイプがいいです。タイムリーに広告が入っていました。一人35万(埋葬料+管理費10年分一括、その後不要)宗教不問、これがいい。

姪っ子には迷惑な話ですが、子供がいないので姪っ子甥っ子の二人だけが頼りなのです。頭がボケないうちに成人後継人として金銭的にも財産管理してもらいたいと思っています。今姪っ子は三人の子育てでそれどころではないでしょう。甥っ子はまだ高校生。成人後見人の話をするにしても、20年後くらい?姪っ子の子供たちが成人して、もしかして婆ばデビューする頃、改めて老後のこと財産整理についても相談しなくては、と思っています。

葬式貧乏って一番あり得ないです。自分の葬式にお金を使うことに全然意義を感じない私です。ばえる葬式にも興味ないし、来て欲しい友人もいないし、私の為に集まって欲しくないし、なによりお金で天国行のチケットは買えませんから。私の葬式に香典包むくらいなら私を偲んで大好きなビールで乾杯して欲しい。

死んだ人より生きている人にお金を使うべきではないでしょうか。国葬が悪いわけではありませんが、あの人が国の宝に値するのでしょうか?国が豊かで財政に余裕があるならまだしも、多くの国民が税金に苦しめられる中、選挙演説中に暗殺された、という理由だけで国葬扱いにされることに疑問を感じずにいられません。逆恨みで悲劇的に殺された以外に、政治家として特出した別レベルの働きをしたのでしょうか?私にはそう思えません。

三権分立を脅かす司法に介入した黒川検事長の定年引き延ばし案件は特に印象悪すぎです。長く権力を持ちすぎたし強引に好き勝手やり過ぎました。そもそも色々な疑惑が多すぎ。その全てがなかったことにされそうで、モヤモヤを感じずにいられません。

生きているうち、動けるうちがお金の使い時。連休ずっと雨でしたが昨日は久々の晴天に恵まれ早朝から近隣ドライブにでかけました。山の山頂部分では少し紅葉しているところもありました。秋の味覚、栗、梨、ブドウ、キノコを購入しました。今夜のメニューは芋煮と栗ご飯です。

あっという間の9月。今年も残すところ3ヵ月です。今度は入院中の叔父が逝く日も近いかも知れません。これから施設に移るための要介護認定を申請すると言っていたので意外としぶとく生きるかも知れませんし、いつまでも死にそうになかった祖母があっという間でしたから、人の死ってわかりません。

義母曰く、”私は必要ないと思ったけど、義妹が言うから…”入院中の叔父もベルコの会員になったそうで、今度は義妹のせいにするんかい、”世話になっているから逆らえない”、そうじゃない、腹を割って話さないからそういうことになる。何でも人のせいにするのではなく、いい加減自分に非があること分かろうよ。半分呆れながら聞いていました。最近なんだか義母の愚痴を聞くことに嫌気がさしてきました。

個人的に人のせいにして生きている人って好きになれない。自分は悪くないと思っているから反省しないし、だから同じことを繰り返す。そして自分は悲劇のヒロインにでもなった気で同情を誘う。周りの人間は”またか”と思ってしまいます。確実に私の悪口も言ってるでしょうし。別にいいけど。嫁と姑で上手くやってる人ってこの世に存在するのでしょうか…。そりゃ、いるでしょうけど。きっと完璧にできた嫁と関わらない干渉しない姑なのでしょう。同居で良好な関係だとしたら奇跡ですわ。

叔父の葬儀もまた日頃関わりのない本家の人たちを巻き込む気なのか?マジで家族葬にしてください。ってか、うちら家族以外誰も来ないんだし寺でやればいいのに、って思っちゃいます。

u-tantantan.hatenablog.com

あとは再来月、四十九日にまた集まるそうで、また義母の愚痴ばかり聞かされるのだろうな、と思うと気が重いです。いい加減年も年なんだし”誰もやらないから自分でやるしかない”とか意地を張るのではなく同居してる息子夫婦や私達に頼ればいいのに。何か手伝いたいのに「何もすることない」って拒否られて「何もしてくれない」って愚痴聞かされるって、かえってストレス溜まります。

結局何をして欲しいのか?義母のことがよく分かりません。一人でいるのが寂しいのかも知れません。喪が明けたら温泉でも誘おうか。でも入院中の叔父のこともあるし、実家の空き家問題もあるし、コロナ禍だしなかなか現実問題難しいかも知れません。

お読みいただきありがとうございました。

怒涛のストレスマックス三連休の話

2月に倒れ入院してから驚異的な体力で回復し、2か月前に老人ホームに入居したばかりの夫の祖母(100才!)が亡くなったと金曜日の夜に電話がありました。三連休は長野への旅行を計画していたのですが、台風が来ると言うことでキャンセルしたばかりでした。何と言うタイミングでしょう。

ゆっくり過ごす予定の三連休が、怒涛の三連休になってしまいました。施設に入居してから間もないので、あと一年くらいかな?と勝手に思っていました。年齢が年齢なので驚きはしませんでしたが、まだまだ元気だと聞いていたので、まさかこんなに急に…、という感じです。三連休に通夜、告別式から納骨まで無事に終えて今日は平常運転です。

外孫の嫁(内孫はいないので)としてできることは限られていましたが、せめて受付だけでも、と思っても失敗ばかり。冠婚葬祭に不慣れなので動きがわからないのです。一般常識が欠如しているので恥ずかしいことばかりで、穴があったら入りたい気分です。何をしていいか分からず右往左往、使えない役立たずの非常識な嫁と思われたことでしょう。

香典返しの御礼を見ると喪主は入院中で寝たきりの長男になっていました。実質上の喪主である三男の叔父が喪主の代役、長女である義理の母が会計(亡くなった祖母のお金から)ということもあるのか、葬儀を出す側の叔父も義母も(自分の親に)不祝儀を包むという不思議な現象。理解に苦しむことが色々あって撃沈した葬儀でした。

私には父方に祖父が一人、母方に祖母が一人、二人の祖父母がいましたが、母方の祖母とはかなり近い関係(私にとっては母同然)でした。高校3年間は両親と離れて祖母の家で大学生の姉と三人で暮らしていました。その話は別記事で

u-tantantan.hatenablog.com

その祖母が亡くなったのは私が20代中頃の時で社会人でしたが、お金を包むことはありませんでした。祖母はカトリックで教会のミサが葬儀でした。カトリックの葬儀がどのようなシステムになっているのか分からないので何とも言えませんが、近い身内である祖母の葬儀に不祝儀を包むことなど考えもしてなかったと思います。

父方の祖父が亡くなった時はまだ学生だったので勿論不祝儀など出してないので、祖父母に不祝儀を包むこと自体、あまりピーンと来ていませんでした。

夫に不祝儀用意するように言われ、義理の姉に連絡するも、”身内だからね”包む必要がないという認識。私も同様に思っていました。でも、結婚する時に一般常識欠如の妹を心配した姉がくれた本”結婚一年生”によると、不祝儀金額の目安として、”祖父母1万円”と記載されていました。そーなんだ、じゃあ、一応、ご霊前の袋だけは用意しておこう、そんな感じでした。

告別式当日、義姉が不祝儀袋を持ってきたので、いくら包んだか聞くと”5万円”とのこと。は~5万か…、花代も出しているので、不祝儀はせいぜい3万かな?と思っていたので驚いてしまいましたが、生活に余裕がなくてそんなに包めない、という場合は仕方ないですけど、お金がないわけではないので、ここは兄弟で合わせるべき、との結論に至り私たちも同じ金額を包みました。

50代なら5万円って普通なのかな?ネットで調べると色々な意見があって何が正解か分かりません。結局、金額は気持ちの表れですから、一概にいくらが正解か?なんてないのだと思います。それぞれの家庭の経済状況も違いますし。

よくよく考えれば葬儀屋との打ち合わせで”引き物用意云々”の話していたので、そこで気がつくべきだったのです。でも、引き物用意するにしろ、葬儀を執り行う側の私たち親戚にはないだろう、本家の人達分だけだろう、と思っていたのが間違いでした。

田舎の本家は不祝儀の金額に決まりごとがあって引き物は絶対必要だ、と義母は言います。色々大変なんですね。田舎の慣習なのでしょうか、一人で不祝儀袋を3つ(ご霊前、お供物代、仏前)持ってくるのです。

記帳は一人なんだけど、不祝儀袋は3つ。はて、返礼品はいかに。同じ名前で違う不祝儀袋が何個あっても記帳が一人なら返礼品は一つが正解だそうです。基本的な考え方は、記帳した人数=返礼品一つ、だそうです。例外は記帳が一人でも不祝儀袋が連名の場合は返礼品は連名人数分、3名の連名=返礼品三つ渡すそうです。勉強になります。

葬儀を出す側の親戚として参列するのは初めての事なので、分からないことだらけで本当に疲れました。孫嫁として何かしなければ、と思う反面、本家の人たちは誰一人面識ないし、どう動いていいのかも、何をしていいのかも分からず、お茶すら出せなかった私。気の利かない自分がつくづく嫌になります。

骨を拾うのは兄が亡くなった時以来二回めです。5年前、兄が亡くなった時はコロナ前だったので、色々骨の説明があったのですが、今回は何の説明もなく大分省略されているような気がしました。火葬時間も兄は大柄で90キロ前後あったので、かなり時間がかかったように記憶していましたが、祖母の火葬時間は40分ほどでかなり短かったです。

跡継ぎがいないので、墓じまいをしている我が実家。兄の遺骨は灰にして海に散骨しました。仏教でもないし、通夜も葬儀も一切なし、家族だけの集まりで簡単なものでした。両親も葬儀不要の散骨希望です。母に至っては献体に登録しているので、死亡したら大学病院へ連絡するだけで、あらかた用が済んだら火葬して返してくれるらしいので手間も費用もかかりません。私も献体に登録しようと思っています。

引き物を開けながら「こんな豪華な弁当とか引き物とか、うちら(近い親戚関係)には必要ないし、コロナ理由に家族葬にすれば良かったのにね」と疲れすぎて思わず口に出して言ってしまいました。本家親戚関係への連絡は生前の祖母の希望だったのかも知れません。若い頃は”兄弟会”とかいう本家の集まりがあったみたいです。よく知らんけど。に、しても、です。私が喪主なら迷わす家族葬を選択しますけど。

参列する本家の人たちも当然祖母の兄弟ではなく、みんな代替わり(義母の従弟達)なので、そこまでする必要もなかったのでは…、というのが本音です。夫に言うと、”あんたの実家とは訳が違うんだから”、と一喝されてしまいました。やっぱり葬儀をしないというウチの実家は非常識なのかな…。

確かに盆や彼岸に行く墓参りで祖母の本家の墓参りもするのですが、名刺入れまであるようなそれはそれは立派なお墓なのでございます。入っている人数も相当な数です。祖母は分家なのでお墓は違いますが、これが田舎の先祖代々の本家の墓か、と納得するに足りる、なんだかすごい、人生初の経験でした。本家を継ぐって大変なことですね。

というか、本家とか分家とか、イマイチ分からん私です。私の父は長男ですが、本家だの分家だの聞いたことがありません。ただお寺さんへお布施をして墓を継いでいたので本家なんだと思います。どうでもいいですけど。墓じまいする前は墓に入りたいと言ってきた親戚誰でも"どうぞ~”と迎え入れた父です。

先祖代々の墓じまいはかなりの費用がかかったようです。その全てを父が負担していました。お墓を守るのはそれなりにお金がかかること。それを長男である兄に継がせるのは父としては避けたかったのだと思います。

カトリック墓地にいる祖母、長男の伯父が2月に亡くなりましたが、県外にいることもあり、祖母の墓には入らないようです。本来なら祖母の墓を継ぐはずの伯父ですが、お盆に墓参りしたときに墓石に伯父の名前はありませんでした。近くに住んでいるならまだしも、県外在住なので祖母の墓に入るのは現実問題難しいのだと思います。

ですので祖母の墓はいつまでも祖母一人だけ。結局、祖母のカトリック墓地も墓参りに行くのは私と夫だけ。待てど暮らせど溺愛していた息子が入ることはない、悲しいです。私たちが現役の今はいいですけど、年老いて墓参りに行けなくなったら、祖母の墓はどうなるのでしょうか?気になるところです。伯父の生涯現役を貫いた生き様については別記事で

u-tantantan.hatenablog.com

ちなみに、祖母の夫(祖父)は戦死なので骨もありません。(石ころが届けられたそうです)祖母の家を取り壊した時に仏壇はどうしたのか?私には分かりません。カトリックの祖母の家に仏壇、ってのも不思議ですが、祖母が洗礼を受けたのは大分後の事で、祖父が亡くなった時はまだキリスト教徒ではなかったようです。祖母が信者になった時に、三人の子供(伯父、伯母、母)も同時に洗礼を受けたようです。

今回、久々に姪っ子甥っ子に会えました。三人目が生まれたということは聞いていましたが、お初にお目にかかれたので嬉しかったです。まさに天使、可愛かったです。やっぱり赤ちゃんっていいですね。ぷくぷくの足なのに脚力はちゃんとあって、表情も豊かで癒されます。上の子二人はヤンチャ盛りでこれまた可愛い。上の子は小学生になったそうです。前回会った時はまだ赤ちゃんだったのに子供の成長はあっという間です。

出会った頃はまだ中学生だった姪っ子が今や三人の立派なお母さんです。年の離れた姉弟で、10才年下の甥っ子は高校3年生で彼女ができて絶賛交際中だそうで、密な青春を謳歌中らしいです。若いって素晴らしい。婆ば(義姉)が50才前っていうもの凄い。賑やかで楽しそうで羨ましいです。

子なし夫婦の私たちにとって、頼るのは甥っ子と姪っ子になります。負の遺産は残さないようにしないと。今の内から”相続よろしく”と頭を下げています。ある程度子育てが落ち着いたら、ゆっくり飲みながら話をしようかな、と思ったり。姪っ子はお酒が大分飲める口みたいなので一緒に飲める日を楽しみにしています。

年を取れば葬儀に出ることがこれからますます多くなります。夫の親戚関係は色々面倒なことが多いので義姉との連絡を密にして仲良くしようと思いました。

初七日だの、四十九日だの、これから色々あるのかな。仏教って面倒。法要長いし。坊さんの話長いし。キリスト教徒は考えが真逆(神に召された)だから死は悲しいことではないのです。葬儀もミサで終わりなので、何度もお経を唱えるのはなんだかしっくり馴染めない私です。私の宗教論や信仰の話は別記事で

u-tantantan.hatenablog.com

ストレスマックスの三連休でした。ブログ書いて少し落ち着きました。

お読みいただきありがとうございました。

東北電力調整価格上限撤廃についての話

東北電力からご契約条件見直しのハガキが届きました。オール電化の一般家庭で使用しいる時間帯別電灯プランは影響が出ると思われます。平均燃料価格上限の撤廃に伴う値上げのお知らせです。

影響額がどれくらいになるのか?が試算できる東北電力のホームページから確認したところ、我が家の昨年の使用量ですと月2,000円くらいの負担増になりそうです。上限撤廃なので、価格が上がり続ければ底なしで上がっていく、ってことです。2,000円では済まなくなる日がくるのでしょうか。

年間24,000円負担増でも結構キツイのに、これ以上上がったらどうしよう…という不安で今更ですが屋根にソーラーつけようか、なんて考えてしまいました。蓄電池もセットで考えるとかなり費用がかかるので悩んでしまいます。

ソーラーパネルにしろ蓄電池にしろ寿命があるわけで、維持管理を考えるとやはりお金がかかるし、我が家は二人だけの生活で電気をめちゃめちゃ使うわけでもないので、このまま現状維持で節電に心がけながらの生活を続けることが一番いいのかも知れない、という今のところの結論です。

二世帯で暮らしているという職場の方は、夏の一番暑い時期で月5万円を超えた、と電気代値上がりに嘆いていました。東北のこれからの冬場、暖房費用を考えると頭が痛い、と言っていましたが、その方の契約プランは昔ながらの従量電灯なので引き続き上限ありで変わらず今以上の値上がりはなさそうです。実家もそうですが、古くからあるタイプの契約だと今回の上限撤廃の対象外で影響はなさそうです。

それにしても月5万円の電気代って凄いですね。オール電化の我が家でさえ月2万円を超えることは12年間で未だかつて一度もありません。でもこれからは2万では済まなくなるかも知れません。電気料金だけでなく、物価上昇もじわじわ感じるここ最近の買物です。毎回買うものはあまり変わらないのに金額が1000円くらい多くなっているような気がします。単価でみるとたかが数十円でもやっぱりじわじわきます。ボディーブローみたいなものです。

ロシアウクライナ戦争が終結しない限りこの状態はしばらく続くのでしょう。覚悟しておかないといけません。でも一旦値段が上がったものが元の値に戻る期待もできないし、不安しかありません。

とにかく今は節電に心がけて光熱費を抑える生活です。値上げは12月分からだそうで、それまでに昨年の使用量を超えないよう色々出来ることを試してみようと思います。7月は10%の節電を達成しましたが、8月は10%増でした。お盆期間に兄が宿泊した3日間が猛暑続きの時で、冷房を一日中使用していたのでそれが原因でしょう。

待機電量が発生する家電のコンセントは全部抜く。暑い寒いはできるだけ衣類で調節して電化製品には頼らずじっとして過ごす。修行僧みたいな生活ですがそんな生活が嫌いじゃないし苦に思わないので全然平気です。むしろ楽しんでやっているような、そんな感覚です。勿論我慢できないくらいの猛暑や極寒だったら話は別ですけど、今時季は暑くもなく寒くもなく色々節電を試すには丁度いい季節です。

考えれば70年代の生活に戻ったと思えば何てことはないような気がしています。子供の頃はクーラーもなかったし、今ほど便利な世の中ではなかったので、あの時代に戻ったと思えばいいのです。電子レンジもネットもパソコンも動画配信もなかった時代。あの頃の遊びと言えば、外で遊ぶことでした。

大人になった今公園の遊具で遊ぶことはできませんが、健康のためにも散歩でも始めてみようかな、なんて考えたり。一緒に散歩する犬を飼ってみようか、と考えたり。最近は地元の掲示板で飼い主募集広告が出ているのでそういうのを利用してもいいのかな、なんて思ったり、現実的ではないと分かっていても想像することが楽しいのです。

犬と散歩は小さい頃からの憧れです。でも今まで一度もペットを飼ったことはありません。ペット禁止の住宅育ちだったこともありますが、ペットを飼う経済的余裕もなかったのだと思います。今でこそ何不自由なく生活している両親ですが、それもこれも母が贅沢をせず節約して質素な生活をしてきた賜物です。

ペットを飼う余裕があっても今は違う理由で踏み出せません。私にちゃんと世話ができるだろうか?という不安です。生き物を飼うということは責任を伴う事です。動物は人間より寿命が短いので必ず死んでいくペットを見ることになります。愛情をかけたペットとの別れを想像するだけで怖くてなかなか踏み出せません。

何でもそうですけど、何もないことが一番だと私は思ってしまう癖があって、失うものが多ければ多いほど喪失感に苛まれるなら、最初から持たない選択をしたほうがいい、そういう考えをしてしまいます。

でも愛する者を残して自分が先に逝くのも良しとしない性格なので、特に弱いもの、ペットとか人の手がないと生きるのが難しい弱者を残して死ねない、という想いもあって、そういうことを考えると年老いてからペットを飼うのも今度はペットを残して先に死ねないし、って考えてしまって、だったら飼うなら今しかないのでは?なんて思ったりして、よく分からなくなります。

とりあえず両親が生きている間は両親の世話があるので、今ペットを飼うことは難しいかな、と思っています。今は週一で実家に通い、家では節約生活、天気が良ければ気晴らしにドライブして、という感じです。

旅行を計画するにはいい季節なのですが、最近は台風のニュースばかりでせっかく計画を立ててもキャンセルせざる得ない状況が続いています。今週末の連休は乗り鉄の旅を計画していたのですが、大雨の影響で列車が運転見合わせ、目的地にたどり着けなくなり計画倒れになってしまいました。また台風が発生したようで大きな被害が出ないことを祈るばかりです。

計画通りに進まないのが人生、楽しみが先に延びたと思って今はひたすら我慢の時です。危険は冒せないので。自然に抗うことはできません。人間なんてちっぽけな存在なのです。

燃料の価格高騰を始め小さな想定外は色々起こるものです。臨機応変にやるしかないですね。政府は何もしてくれませんから、自分たちで対処するほかありません。期待すると裏切られますから期待しないようにします。失うものがなければ喪失感もない、同じことです。

今週末、東北ではまだ台風の影響はなさそうです。天気が良ければ秋の味覚を探しにドライブでも行こうと思います。

お読みいただきありがとうございました。

結婚する意志があるかどうか?についての話

”一生結婚しない”という答えが過去最高を叩き出したニュースで思ったこと。私も若い頃はまさに”結婚なんて絶対無理”そう思ってた、ということです。でも、”いずれは結婚したい”と考えている人のほうが圧倒的に多いのは変わらない事実です。

私の場合は、結婚したいとは思っていたけど結婚できず、でした。結婚相手に求めること、30歳目前にしてそんな贅沢は言ってられません。結婚してくれる人がいれば、条件なんて言ってられない誰でもいいから結婚したい。そこまで思ったのに、それでも結婚相手を見つけることはできませんでした。

”いいな”、と思ったり、”好きだな”、と思った人は大抵既婚者でした。逆に言い寄ってくる人はロクでもない人でした。誰でもいい、とはいいつつも、やはり”この人と結婚するくらいだったら独りの方がマシ”、という複雑な心境。

結婚に必死になって無理するのも馬鹿らしくなって一生独身覚悟して海外添乗員を目指した時に奇跡的に夫に出会い結婚できた感じです。

割と周囲の友達が早婚だったので、結婚式に招待される度、いーなー、私も早く結婚したいな、と思っていました。25才から30才手前くらいが結婚したいピークでした。

結婚したいと思った相手は結婚の意思はなく、無駄に付き合っても将来がない、ときっぱり諦め独身を貫く覚悟をしました。そんな私が結婚を決断した話は別記事で

u-tantantan.hatenablog.com

30歳を過ぎると大して好きでもない人と妥協して結婚するのは論外になってきました。独身でも自分一人の食い扶持くらい自分でなんとかできるし、もともと誰かと何かを共有したり行動を共にすることが不得手だったので、一人でいることが苦でなく逆に快適だったのです。結婚を諦め独身を決意すると意外と気が楽になるものです。

今では夫婦の関係も多様化しています。お互いにメリットがあれば、結婚してみるのも手かな、とも思ったりします。35%の夫婦が離婚するくらいです。大して好きではない相手と結婚しても、一緒に暮らしているうちに好きになる逆パターンも全然あり得ると思います。私たち子なし夫婦は友達夫婦に近いかな、と思っています。

相手を思いやれる優しさがある人である程度の常識人なら、離婚に至ったとしても揉めることなく別れることができるのではないでしょうか。

結婚する前から離婚の話、と思うかも知れませんが、私は結婚する時に離婚の条件を言いました。夫はかなり困惑していた様子でしたが、私にとっては譲れない結婚の条件だったのです。”暴力”と”浮気を認める”こと。

浮気に関してはしても構わないけど離婚したくないなら嘘をついてでも絶対認めるな、というスタンスです。その代わり浮気を認めたら慰謝料ガッポリもらって離婚します。

人を見る目を養って相手を見極める、これに尽きると思います。夫婦と言っても所詮は他人ですから、どんな人なのか?を冷静に見極めなければならないのですが、好きになったら冷静さを欠くのが常。恋は人を狂わせる、恋は盲目。そう考えると、”嫌いじゃない、一緒にいて快適”くらいの抑えめの感情のほうが結婚って上手くいくのかな?と思ったりします。

価値観と金銭感覚は合った方がいいと思います。私たち夫婦は性格が真逆ですが、性格不一致でも問題なくやっています。そんな性格不一致な夫婦の話は別記事で

u-tantantan.hatenablog.com

20代の頃の結婚や家庭を持つことの憧れが30代に入ってからは徐々に薄れてきたような感じでした。結婚って、タイミングだと思うのです。一人が結婚したいと思っても相手がその気にならなければ成立しません。ある意味奇跡です。

この人と結婚したい、と思った相手が同じ気持ちなら自然と結婚すると思います。一生結婚しない、と答えている人は、多分結婚したいと思う相手がまだ現れていないだけのような気がします。

ただ、お互いに結婚したいと思っているカップルが経済的理由や他の何らかの事情によって結婚できないのであればそれは不幸なことだな、と思います。

独身でも、結婚したいと思っても結婚できない独身なのか、結婚したくなくて独身でいるのか、では意味が全然違います。

”一生結婚しない”と考えている人は、多分結婚する意味や価値を見出せない人なのだと思います。一人で満足なら結婚する必要ないと思うのは至極当然です。独りのほうがラクですし、何でも自分の思い通りにできますし、我慢することもない。

一方結婚はそうはいきません。妥協の連続です。でも私の場合自分が独りでいると堕落した生活になるので結婚して正解だったと思います。

独りでもキチンと生活できる人ならいいですけど、私は基本ズボラなダメ人間なので、一人でいると料理はまず絶対しないし、部屋がいくら汚かろうがお構いなし、一日中パジャマで過ごし昼間から酒を飲む生活になっていたと思います。実際、独身時代はそんな感じでした。

独身時代は自分の為、自分中心だった生活が、結婚後は夫ファースト、夫中心の生活になりました。今まで生きていて楽しいことはいっぱいありましたが、嬉しい、とか生きる喜び、って何か足りなかったような気がします。

人の為に何かをすることで自分が満たされるというか、満ち足りた人生になったというか。表現が難しいですけど、そんな感じです。そんな話は別記事で

u-tantantan.hatenablog.com

50才を過ぎて思うことは、夫がいて、二人で良かった。ということです。子供に恵まれなかったことは残念ですが、これも私たち夫婦が話し合って決めたこと。意外と諦めた瞬間にできたりするもんだよ、と40を過ぎてから授かった人の経験談を聞いて微かな希望も抱きましたが、結局授かることはありませんでした。

やれることはやったし、後悔はしていません。思い通りにいかないのもこれまた人生なのです。不妊治療を経験した時の話は別記事で

u-tantantan.hatenablog.com

少子化になる原因は晩婚化と言われていますが、私たち夫婦はまさにソレ、です。やっぱり20代での出産が理想的だと思います。育てるのも体力がある若いうちのほうが絶対いいに決まってます。日本政府が明石市を見習えばいいのに。

お金を配るのではなくて、子育てにお金は必要ないよ、ってなれば、状況は変わってくると思うのですけど。とりあえず、出産費用を無料にするだけでも一定の効果は得られると思うのですが、どうでしょう?あと、オムツと子供の医療費、学校給食も…。やっぱり子育てにかかる費用が不安で欲しくても経済的に先延ばしにしている人は一定数いると思うのです。

それより結婚したいと思う相手に巡り合うか、が問題です。そしてその相手も同じ気持ちになってくれるかどうか。子供はその後の話ですから少子化問題解決はかなり難しいのでしょう。結婚したいと思わせるには?住居を無料で提供…無料は無理か、なら公務員宿舎並みの新婚夫婦専用住宅を建設して低家賃で貸し出すとか。

少子化対策は政府にお任せするとして、私の第二の人生は始まったばかり。人生100年時代と言われる今、折り返し地点の50才。これから先の人生を自分の為だけでなく誰かの為に生きてみよう、そう思えるようになったのは、結婚がきっかけだったような気がします。

最後は夫に看取ってもらえたら幸せですが、夫を残して先に死ねないとも思うので、独りで死んでいくのか…、と思うとなんだか寂しいですけど。

とりあえず今は夫が側にいてくれることに感謝です。せいぜい規則正しい生活習慣と食のバランス、ストレス緩和、体力維持と体調管理に尽力しようと思います。

お読みいただきありがとうございました。

デアデビルを見て人が闇落ちする理由について考える話

人が闇落ちする瞬間はどんなときだろう?踏みとどまる人と闇落ちする人の違いは何だろう?そんなことを考え、その答えを見つけたような気がしました。

暇に任せてNetflixで制作されたマーベルドラマ”デアデビル”シーズン1~3の計39話を一気見しました。一日で5~6話づつ、約1週間かけて見ました。

デアデビル(マット・マードック)が昼は弁護士、夜は闇ヒーローとしてひたすら悪者を退治するマーベルヒーローです。マットは敬虔なクリスチャンで”殺さない”をモットーにしています。どんな極悪人でも殺してはいけない、法で裁く。

治安は悪くなり夜の闇ヒーロー活動が多くなるにつれて親友フォギーとの関係に亀裂が入り始めます。フォギーを巻き込みたくなくて自分がデアデビルであることを隠しています。デアデビルの行動を疎ましく思う闇の権力者フィスクは、ビジネスを妨害したカレンや新聞記者、マット達に攻撃を加え始めます。

マットは自分が原因で狙われるフォギーやカレンを巻き込みたくないという想いから二人を遠ざけるようになります。でも、そんなマットの想いをよそに二人は最後までマットの味方で陰ながら支えています。

マットがデアデビルであることが親友フォギーにバレてからは対立も深まりますが、そこに仲裁に入るカレンを交え物語はクライマックスへ向かいます。

シーズン2はマットの”殺さない”信念を真っ向から否定する闇の処刑人”パニシャー”だったり、殺人を何とも思わない残酷な殺人最終兵器”エレクトラ”がでてきたり、謎の忍者軍団だったり、かなりバッサバッサと人を殺すので急につまらなくなりました。残酷なシーンが多く見るに堪えませんでしたので途中早送りしながら見ていました。

シーズン1はデアデビル誕生までの話、シーズン2はマットと親友フォギーとの軋轢と決別。宿敵フィスクの刑務所内での暗躍、カレンとの関係など、シーズン3へ向けて必要な物語だったのかな、と思います。

シーズン2で視聴を止めた方はもったいないことをしました。このドラマのクライマックスはシーズン3です。注目すべきはマットの宿敵ヴィランであるフィスクの動きです。シーズン1で刑務所に送ったフィスクがシーズン2では刑務所内で力をつけシーズン3ではFBIをわが物にし操って陪審員も脅し司法まるごと乗っ取るのです。

闇ヒーロー”デアデビル”ではフィスクは倒せない。マットは絶望してしまいます。多くのヒーローがぶち当たる絶望あるあるです。

デアデビルのスーツを捨てアパートを出たマット。エレクトラを失ったマットは絶望を味わい身も心もボロボロ。そんなマットを支えたのは信仰。自分の中の悪魔をどう抑えるか?神父と修道女の助言に従いフォギーとカレンの協力を得て本来の”法で裁く”マット・マードック(弁護士)に戻りました。

なんとか良心の欠片が残るナディーム捜査官の証言を得て大陪審を開くことに成功しますが、陪審員はすでにフィスクの手に落ちていて裁くことはできませんでした。法でも裁けないと知った現実に太刀打ちできないと感じたマットはとうとう”殺すしかない”という決断に至ってしまいます。マットが闇落ちした瞬間です。

しかし、そんなマットを救ったのは親友のフォギーでした。殺されたナディーム捜査官が死を覚悟して証言を動画で残しフォギーに託したのです。死を覚悟したナディーム捜査官の臨終供述は証拠になる、これでフィスクを刑務所に入れることができる、何とかマットに知らせたい。マットにフィスクを殺してほしくない。

そのフォギーの想いはマットに届きました。フィスクを殺すのではなく法で裁く、最後までフォギーが貫いた想いに応えたマット。悪魔に打ち勝った瞬間です。たぶん、いや、絶対フォギーやカレンがいなければマットは確実に闇落ちしていたと思います。

逆に闇落ちした人、FIBのナディーム捜査官やその上司はなぜ?それは、愛する人を守るため。ナディームの上司に至っては、二人いる子供のうち一人を(事故に見せかけて)殺され愛する夫への危害を恐れ離婚した挙句、残った子供を守るために闇落ちしてしまっています。ナディーム捜査官もその上司の罠にはまり気づいたときには闇落ち。

精神的に問題があるデックス捜査官も同様です。フィスクに狙われて陥れられたと言っても過言ではありません。デックスの過去を調べ上げ不安にさせ孤立を作りその上で自分は理解者であると寄り添う。でも裏ではデックス捜査官を支配するために、デックスの愛する人を殺しているのです。

最終的にデックス(偽デアデビル)は真実を知りフィスクを襲うのですが、そこに止めに入るマットと最後は三つ巴の戦いになり、フィスクは愛するバネッサを守るためマットの条件を全て飲み法で裁かれることになります。

デックスは今でいう失うものが何もない孤立無援の無敵な人。ナディームは巻き込まれ一度は闇落ちしたけど、誇れる父親でありたいという想いから正義を貫き犠牲になった人、陪審員愛する人や生活を守るため悪に加担した平凡な人々。

闇落ちしないために必要なのは秘密のない関係と全てを共有できる理解者、そして愛する家族や友人なのだと思います。偉い立場になると利用されることが多くあると思うし、狙われることも多い。だから何も権威を持たないことが正解。私はそう思います。でも稀に平凡でも巻き込まれることがあります。ドラマだったら選ばれた陪審員です。

陪審員はフィスクが悪いと知りながらも脅されていて逆らえず言いなりです。自分の周辺さえ守れれば他の誰かが犠牲になったとしてもそれは仕方のないこと。必要な犠牲だと言い聞かせる。嫌だけど、権力者の前に抗うこともできない。

このドラマで一番の鍵はナディーム捜査官だと思います。一度は罠にはまり闇落ちしたものの、自分のした罪を認めフィスクの悪事を証言することを決めた正義の人です。息子に誇れる父親でいたい。ナディームの姿にマットは父の姿を重ね見たのだと思います。だからこそナディームの良心に期待し、父の選択を理解したのだと思います。

闇落ちするときは愛する人と共に…、それが、フィスクとバネッサの関係でもあったのかな、と。バネッサは愛した人と全てを共有したいために闇落ちした。愛した人がたまたま暗黒街のボスだった、それだけの話。

いやいや、そこはフィスクが、愛するバネッサのために足を洗うべきだったのでは?と思ってしまいます。結局は闇落ちしたバネッサのためにまた刑務所に入るわけですから、因果応報ってやつですね。人を愛するということは人を狂わせます。

”殺せ”と言うフィスクに”生きて償え”というマット。”殺す”行為は”堕落”すること。マットは”殺したい欲望”に打ち勝ったのです。MIU404で志摩さんが言った「生きて、ここで苦しめ」というセリフが蘇ってきました。生きることは苦しいこと。

フィスクが生きて逮捕されたことに安堵するフォギーとカレン。愛する人と一緒に暮らすという幸せを永遠に失ったフィスク。最後マットとフォギーは一旦閉めてしまった法律事務所をカレンを加えてまた新たに構える方向みたいだし、まあまあハッピーエンドで良かったな、という感想です。シーズン3に限ってはとても満足できるものでした。

デックスはフィスクとの戦いで頸椎損傷し、その後背骨を金属補強する手術シーンでブルズアイ(デアデビルの敵)に覚醒する続編への含みが感じられるのラストカットでしたが、期待されたシーズン4はなく、諸事情により打ち切りになったようです。まあ個人的には終わり方に満足しているのでこれで完結でいいのかと思います。

Netflixとディズニープラスの権利争いがありそうです。スパイダーマンソニーピクチャーが制作しているからなのか、未だに最新作ノーウェイホームのディズニープラスでの配信はされていません。同じくX-MEN20世紀フォックスが制作しています。

ただ、ノーウェイホームでマット・マードックを演じたチャーリー・コックスがピーターの弁護士役として出演していたようなので、ソニースパイダーマンNetflixのマット・マードックは同じ世界で活躍していそうです。

愛する人を守るために悪いことはしない、そして正直に真面目に生きること。それが一番です。優しい嘘は必要ですけど。いろいろ複雑なんです。ヒーローものを見ていると気づくのですが、敵役のヴィランにも闇落ちした悲しい理由があって切なくなります。頭のオカシイ下衆な卑しい人で溢れているここ最近の日本ですが、根っからの悪者なんていない、と信じたいのかも知れません。

アナキンが闇落ちしてダースベイダーになった理由もそれはそれは切ないものでした。最後はパルパティーンを倒したのですから、やっぱり悪になりきれず子を想う良心が残っていたのでしょう。今度はスターウォーズを時系列順に見直そうかな…。

デアデビルドラマシリーズに興味を持った方がいらっしゃいましたら、ディズニープラスで全部見れます。映画バージョンはまだ見ていません。主役がベン・アフレックということでイマイチ見る気になれません。役者次第ですね。

ドラマ版のチャーリー・コックスをこき下ろす口コミが多いですが私は肯定派です。いい俳優さんだと思います。個人的にはやっぱりシーズン3のナディーム捜査官が一番魅力的でした。殺されちゃいましたけど…。良い人って犠牲になりがちですよね。

私は弱い人間ですから、脅されたら絶対言いなりになると思いますけど。裕福じゃないし、権力もないし、妬まれたり恨まれたり脅されるような要素は今のところないので、裁判員に選ばれないよう祈るだけです。ホント、迷惑な制度です。

闇落ちする人間の共通点、それは”絶望”なのだと思います。絶望してる暇がないくらい忙しい、と三澄ミコトが申しております。ドラマ中毒かも。暇がありすぎるのも問題かも、です。さ、掃除しよう。

背負うものが多い人とか、守るべきものがある人、弱みを握られる人もダークサイドに落ちやすいように感じます。

絶望することはないし、背負うものもない私は闇落ちから最も縁遠い幸せ者です。

お読みいただきありがとうございました。

マーベル・シネマティック・ユニバース・フェーズ4

フェーズ4は2020年から2022年公開作品で現在進行中。フェーズ4最後の作品はブラックパンサーの続編ワカンダ・フォーエバーで11月公開です。映画の他にもドラマシリーズ【シーハルク】が進行中です。今回は進行中のフェーズ4これまでのまとめです。

映画

ブラックウィドウ

シビルウォーでロス長官に追われる立場になったナターシャ逃亡中の話。偽装家族だった妹エレーナから送り付けられた荷物を狙った襲撃事件に巻き込まれ、レッドルームが解体されず未だに存在していることを知るナターシャ。ホークアイと抹殺したはずのドレイコフが生きていた衝撃の事実を妹エレーナから知らされる。偽装家族であるスーパーソルジャーの父とブラックウィドウの母メリーナ、妹エレーナと共に世界中にいるブラックウィドウを洗脳から解放するためレッドルーム壊滅への戦いが始まる。

エンドクレジット:エンドゲーム後、ナターシャの死を知ったエレーナが墓を訪れる。そこへ現れた雇い主ヴァレンティーナから仕事(暗殺者)の依頼を受ける。ターゲットはナターシャの死に深く関係があるだろう相手クリント・バートンだった。(ドラマ【ホークアイ】へ続く)

登場人物:ナターシャ・ロマノフ、エレーナ、メリーナ、アレクセイ(レッド・ガーディアン)、サディアス・サンダーボルト・ロス国務長官

ヴィラン:ドレイコフ(レッドルーム支配者)

雇い主のヴァレンティーナ(通称ヴァル)は、ドラマ【ファルコン&ウィンター・ソルジャー】にも出演していて、今後のシリーズでアベンジャーズの女版ニック・フューリー的な役割を担うような気がします。(暗殺者軍団のまとめ役?)

シャンン・チー/テン・リングスの伝説

サンフランシスコで自分の過去(暗殺者として育てられた)や身分(父がテロ組織テン・リングスのドン)を隠し平凡に暮らしていたショーン(シャン・チー)だったが、父から逃れることはできず母の故郷である異次元の村ター・ローで魔物を解放しようとする父ウェンウーと対決することになる。

エンドクレジット:友人と回想話をしているところに、ウォンが現れる。シャン・チーが持つテンリングスの解析に立ち会ったのは、キャプテンマーベルとブルース・バナーだった。(今後アベンジャーズに加わるかも?新たな展開に繋がる予感)

ポストクレジット:シュー・シャーリンはテン・リングスの解体ではなく、組織のドンとなってソルジャーを訓練している様子。”テン・リングスは帰ってくる”の字幕

登場人物:シャン・チー、ケイティ(親友)、シュー・シャーリン(妹)

ヴィラン:ウェンウー(テン・リングスのドンで父)

マカオのナイトクラブ「ゴールデン・タガー」では、インクレディブル・ハルクヴィラン、アボミネーションとウォン(友人設定)やブラックウィドウやエクストリミス被験者のスーパーソルジャー(アイアンマン3)がファイトしている。

エターナルズ

人間を襲い捕食するディヴィアンツから守るために10人のエターナルズが作り出された。そのエターナルズも実はディヴィアンツを作り出したセレスティアルズによって作り出されたものだった。エンドゲーム後の世界、滅んだと思われたディヴィアンツが再び現れた。プライムエターナルのエイジャックが亡くなり、真実を知ったセルシ達エターナルズは、新たなセレスティアル誕生とともに滅びる運命の人間を救うため自分たちを生み出した種族セレスティアルズに反旗を翻しティアマット誕生阻止に挑む。

エンドクレジット:地球を離れたセナ、マッカリ、ドルイグの元にエロスことスターフォックス(タイタン星の王子サノスの弟)がピップ(トロール)を伴って仲間の危機を知らせにやってくる。(続編の予感)

ポストクレジット:エボニーブレイドが入った箱を開けるデイン・ウィットマン。(ブレイドに展開していきそうな予感)

登場人物:エターナルズ(エイジャック、イカリス、セルシ、セナ、キンゴ、スプライト、ファストス、マッカリ、ドルイグ、ギルガメッシュ)、アシュリム(プライムセレスティアルズ)

ヴィラン:ディヴィアンツ

セルシの彼デインはエボニーブレイドを引継ぎブラックナイト(三代目)になってアベンジャーズに合流するようです。デインの祖先はアーサー王に使えるナイトの称号を授かった騎士。原作ではデインの叔父二代目ブラックナイトはヴィランアベンジャーズと戦っていたようです。

エターナルズメンバーの中に子供がいたり、聴覚障害があったり、ゲイがいたり、ヒスパニック系、アジア系、インド系、黒人とキャスティングに多様性を感じました。

スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム

ファー・フロム・ホーム直後の話。ディズニープラスでは配信していません。アマゾンプライムで配信中です。私は未視聴です。過去作(トビー・マクガイヤ版とアメイジング版)コラボ、ヴィランが勢揃いみたいで楽しみです。

親愛なる隣人としてNYを守り続けてきたスパイダーマン=ピーターの正体が世界中の人々に明かされてしまう。その記憶を世界から消すため、ピーターはドクター・ストレンジに危険な魔術を行使してもらうが、その結果、異次元から強敵たちを呼び寄せてしまい…。

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス

エンドゲームで5年の消滅から復活後、別宇宙から来たアメリカ・チャベス(異次元へ移動できる能力がある)と異次元に存在する自分の死体をみて、マルチバースの戦いへ巻き込まれていく。”ヴィシャンティの書”を求めて闇落ちしたワンダことスカーレットウィッチと戦うことになる。ドラマ【ワンダヴィジョン】を見るとワンダが闇落ちした理由が分かるしマルチバースへ執着が分かるのでより楽しめます。

エンドクレジット:インカージョンを引き起こし宇宙を消滅させたストレンジの前に修復を促す女性(今後ストレンジのパートナーになるクレア。ドルマムゥの妹ウマルの娘)が現れる。クレアが切り裂いた先に見える世界はダークディメンション。この時ストレンジの額に第三の目が開いた。

サービスカット:「もう終わった」自分で自分を殴り終わったピザ屋店主のシーン

登場人物:ドクター・ストレンジ、ウォン、アメリカ・チャベス、クリスティン、イルミナティ(モルド、プロフェッサーX、キャプテン・カーター(ペギー・カーター)、キャプテン・マーベル(マリア・ランボー)、ミスター・ファンタスティック、ブラックボルト)

ヴィラン:スカーレットウィッチ(ワンダ)、異次元の闇落ちしたストレンジ

ドクター・ストレンジが消滅していた5年の間に、ソーサラースプリームになったのはウォン。モルドはカマー・タージを去り魔術師狩りを行っている。

ソー/ラブ・アンド・サンダー

娘を失ったゴアは神に失望しネクロソードを手に入れて全ての神を殺すべく行動を開始した。ガーディアンズと旅の途中に幼馴染のシフから神殺しの情報を得たソーはガーディアンズと別れ神々が集まる全能の町へ行き尊敬するゼウスに助けを求めますがあっさり断られます。ゴアの狙いは”永久の扉”を開き全ての宇宙の神を全滅させること。何故かソーになった末期癌のジェーン、アスガルドの王ヴァルキリー、ソーの親友コーグを連れてをゴアを阻止すべく戦いますが、健闘虚しく扉は開かれてしまいます。願いが叶う時、ゴアはジェーンとソーを見て、自分の願いは娘を生き返らせることだと気付き、ジェーンを失ったソーに娘(ラブ)を託し息を引き取ります。二人は一緒に暮らすようになりラブ&サンダーとして活躍するようになりました。

エンドクレジット:ゼウスが息子ヘラクレスにソーへの復讐を言い渡します。続編はヘラクレスとソーの戦いになるのでしょうか?

サービスカット:神のとして最後を遂げたジェーンは戦士の魂が向かう場所”ヴァルハラ”で目を覚まします。ジェーンを迎えたのはアスガルドの虹の橋の門番ヘイムダルでした。

登場人物:ソー、ジェーン、ヴァルキリー、コーグ、ゼウス、ラブ、ガーディアンズ

ヴィラン:ゴア

”永久の扉”でゴアの願いにより生き返った娘ラブは神の力を得てコズミックビーイングセレスティアルズと同じ種族)になったようです。

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバ

公開日2022年11月11日

続編の製作が期待される中、ブラックパンサーを演じたチャドウィック・ボーズマンの訃報は世界中を深い悲しみに包んだ。 “真のヒーロー”として、そして役者としても輝かしい活躍をみせたチャドウィック・ボーズマン亡き今、ベールに包まれていた『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』がついに始動する―――。

解禁された特報では、ティ・チャラの母であり先代の王ティ・チャカの妻でもあるラモンダが王座に座り、彼を失った悲しみを乗り越え、力強く歩んで行こうとするワカンダの人々の姿が切り取られています。そんな大きな岐路に立たされているワカンダに迫る新たな敵とは。新たに登場した海に住む部族とワカンダの関係とはいったい…。そして、ティ・チャラの妹でワカンダの技術開発の責任者でもあるシュリと親しく接する“鉄の心(アイアン・ハート)”を作る新たな少女も登場。彼女がどのように本作の物語へと絡んでくるのかも見逃せない。
さらに注目なのが、映像の最後に登場したヒーロー、ブラックパンサーの姿――。ティ・チャラの遺志を継ぎ、次のブラックパンサーとなるのは果たして誰なのだろうか。

次のブラックパンサーは誰か?個人的にはエムバク押しですが、新しい命の誕生も予感させる予告で(ライオンキングみたい)滅茶苦茶楽しみです。


www.youtube.com

ドラマ

指パッチン消滅組がエンドゲーム後に復活した世界の話。ディズニープラスで視聴可能です。

ワンダヴィジョン

消滅組のワンダがエンドゲームで復活した後の話。シットコムドラマの世界を魔術で生み出したワンダ。ヴィジョンとの間にトミーとビリーという子供二人を授かるが、それは全部魔法で作り出したものだった。ウェストビューという町と住民丸ごと乗っ取ったワンダの目を覚ますためマリア・ランボーの娘モニカ・ランボーキャプテン・マーベル)、FBIのウー捜査官(アントマン)、ダーシー(ジェーンの助手マイティ・ソー)が戦いに挑む。最後にスクラル人がモニカに会いに来る。スカーレットウィッチが禁断の書ダークホールドを読むシーンのポストクレジットあり。映画マルチバース・オブ・マッドネスへ続く

ファルコン&ウィンター・ソルジャー

エンドゲームで住居を失った難民から絶大な支持をうけるフラッグ・スマッシャーズは超人血清を盗み逃亡、それを追うパワー・ブローカーとの戦いにサムとバッキーは巻き込まれていく。スーパーソルジャー抹殺を目論むヘルムート・ジモがワカンダから脱獄し参戦している。サムがキャプテン・アメリカになるまでを描いたドラマシリーズ。サムとバッキーの友情をメインに描かれています。スティーブ・ロジャーズからキャプテンの盾を譲り受けたサム。黒人である自分がキャプテン・アメリカを就任することを躊躇したが、ロジャースより前に黒人のスーパーソルジャーが存在し隠蔽されたことを知り、2代目になる決意をする。サムが決意する前に就任したジョン・ウォーカーはその後ヴァレンティーナにスカウトされる。ヴァレンティーナに雇われているのはブラックウィドウのエレーナ。この辺が繋がりそうです。その後何かの展開に繋がるかも。パワー・ブローカーの正体はシャロン・カーターで、シビルウォーの後闇落ちしていることが明らかになる。ドラマ最終話でシールドに復帰するので今後はヴィランのスパイとして活躍すると思います。

ロキ

エンドゲームにて、タイム泥棒作戦でトニーとスコットがスペースストーン回収に失敗したシーンでロキは砂漠へ飛ばされTVA(時間変異取締局)に逮捕される。そこで自分の変異体がTVAを荒らしていることを知る。リセットを免れるために逃亡を続けている”レディ・ロキ(シルヴィ)”確保へ協力することになったロキ。辿り着いた先にいた「在り続ける者」とは。そしてロキとシルヴィが下した決断とは?ドラマ【ロキ】の最後にはシーズン2があることが予告されました。この「在り続ける者」”カーン”が【アントマン3】のヴィラン”征服者カーン”になるらしい。

ホワット・イフ…?(アニメシリーズ)

”もしも”シリーズで9話まであります。キャラがアッセンブルなので今までのMCU映画全部見てない人にはなかなか理解するのは難しいと思います。最終話に出てくる”ウォッチャー”は古来の種族で映画エターナルズで出てくるセレスティアルズと同じコズミック・ビーイング(神に等しい存在)です。映画【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス】のエンドクレジットに登場しました。

ホークアイ

ナターシャを失ったクリントは引退しニューヨークでクリスマス休暇中。指パッチンで家族を失い失望したクリントが自暴自棄になりローニンという暗殺者になり極悪人達を成敗してた頃の刀やスーツが闇オークションで売られていることを知り回収に乗り出した。スーツを着ていたケイト(2代目ホークアイになると思われる)は捕まえたものの、その後ケイトを助けたことによってマフィアの抗争に巻き込まれることになる。マフィアのボスがマット・マードックデアデビル)の宿敵フィスクだったり、ヴァレンティーナから暗殺依頼を受けたエレーナが絡んだり、クリントの妻ローラが元シールドでエージェント19だったり、マヤ・ロペス(マヤを主役にしたドラマ”エコー”へのスピンオフが作られる)だったり、2代目ホークアイだったり、色々なクロスオーバーが見られたドラマ(コメディ)でした。

ムーンナイト

MCUドラマ作品の中で極めて珍しい他と何も関連性がない”単独”で楽しめるドラマです。子供の頃の虐待が原因で二重人格になった闇ヒーローの話です。古代エジプト神話が元ネタっぽいので、エジプトの神々に興味があれば面白いと思います。

Ms.マーベル

これも神々の話でこちらは”ジン”。アベンジャーズオタクの高校生パキスタンアメリカ人カマラ・カーンが特殊能力に目覚め自分のルーツ(曾祖母の故郷”ヌール・ディメンション”)を探求する物語。最終回でカマラの特殊能力は突然変異であるとブルーノから衝撃の事実を告げられました。変異体、いわゆるミュータントであるということはX-MENに繋がるかも?との予想もあるそうです。ダメージコントロール局はシーハルクにも繋がりそうです。エンディングでキャプテン・マーベルが出ていたので関連性あるかも知れません。イスラムのヒーロー誕生でマーベルの多様性が更に広がりました。

シーハルク/ザ・アトーニー

現在進行中。知能と筋肉が結合してインテリジェンス・ハルクとなったバナーの従妹が事故に遭いブルースの血が体内に入ったことでシーハルクになり超人専用弁護士となる話。3話まで配信中。完結してから一気見する予定です。

やっぱりMCUを満喫するならディズニープラス一択です。ディズニーもピクサースターチャンネルスターウォーズも日本のドラマだって楽しめます。引き籠りにはもってこい!の最強アイテムです。

お読みいただきありがとうございました。

音楽を聴きながら親友を偲ぶ

f:id:u-tantantan:20220404160550j:plain

秋の終わり、突然親友のお姉さんから電話があった。

妹が亡くなったの。

お正月には「元気ですか?」と直筆入り年賀状が届いていた。

享年42才。38才の時の健康診断で癌が見つかり摘出手術をしてその後抗がん剤治療を経ての再発だったようだ。高校の時の親友で社会人になってからも連絡を取り合う数少ない友達の一人だった。添乗員の仕事が忙しくなかなか会えなくなってからも誕生日のおめでとうメールと年賀状のやり取りだけは続いていた。

年の離れたお姉さんは私たちが高校生の時すでに結婚し子供もいたので、彼女は高校生にしてすでに叔母さんだった。家族ぐるみのお付き合いだったのでお姉さんとも面識はあった。家にお邪魔したこともしばしは。泊まらせてもらったことも何度がありました。携帯電話がない時代、使用頻度が高かった彼女の家の電話番号は空で言えるし、今でもたまに自宅と間違えて電話してしまうこともあるくらい指が番号を覚えています。

お姉さんと懐かしいね、などと話しながら、彼女が癌を患い闘病していたことも全然知らなかった私はしばらく現実を受け入れられずにいました。お姉さんから連絡をもらったのは亡くなって2か月が経った11月の中頃のことでした。

お姉さんが連絡をくれたのはスマホ履歴で見つけたのか年賀状の訃報を知らせるための喪中準備で私の年賀状を見つけたからか、はたまた生前の本人から依頼されていたのか今となっては不明ですが、連絡を貰えたことでお仏壇にお花とお線香をあげることができました。病気のことなど知らなかった私は一瞬何かのイタズラか?と思ったほどです。ようやく事態をのみ込んだ時は体の震えが止まりませんでした。夏が誕生日の私におめでとうLINEをくれたばっかりだったのです。

再発が確認された時には癌の転移が広範囲で摘出はできない状況だったそうです。次第に一人では動けなくなり、最後は車いすの生活を強いられたそうです。最後までSMAPのコンサートに行くことを楽しみにしていたようですが、コンサートの数日前に容態が急変し叶わなかったそうです。最後まで行くことを目標に諦めず病気と戦った彼女の強さに感服します。

「コンサートを楽しみに頑張っていたんだけどね…」お母さんが寂しそうに言ったことが忘れられません。高校の時の楽しみは彼女とコンサートに行くことでした。高校3年間、二人でコンサートに行きまくっていました。毎年開催されるロックフェスも3年連続参加、社会人になってからはバックストリートボーイズの東京ドームコンサートにも一緒に行きました。音楽を考える時いつも彼女を思い出します。

音楽に関しては母が音大出身(声楽)で家にピアノもあったため、身近なものでした。私自身も中学時代にブラスバンド部に所属していてホルンを演奏していたので、中学までは吹奏楽がメインでクラシック、オペラ、姉の影響で洋楽、兄の影響でジャズなど、ジャンルを問わず幅広く聞いていましたが日本の歌謡曲を聞く習慣はありませんでした。レッツゴーヤングとかベストテンとか昔は歌番組が多かったですよね。聖子ちゃん、たのきん始めアイドル全盛期です。

そんな中唯一邦楽で聞くようになったのが、さだまさしさんです。中学の頃、双子の上の兄がお風呂場で”防人の歌”を号泣しながら歌っていたので興味がわいたことがきっかけでした。中学時代に防人の歌を聞きながら号泣する兄ってちょっと特別な感じがします。あの時代あの周辺ではちょっとした”神童”として有名人でした。その話は別記事で

u-tantantan.hatenablog.com

今でもこのアーティスト、というよりは、この曲、って感じで聞いています。一曲ずつお気に入りに入れてプレイリストを作成しています。最近のプレイリストは邦楽ではアルフィー(夫がコアなアルフィーファンで結婚後に聞くようになりました)ミスチルバンプ、米津さん、MISIA、洋楽ではシーア、テイラー・スイフト、デュア・リパ、アデル、サム・スミス、ショーン・メンデスなどです。

昔好きだったロック色がかなり薄れているような気がします。若い頃はUKロック、グランジロック、スワンプロックなどの重めの音楽とEDMも好きでジャミロクワイ、ケミカルブラザーズ、ダフトパンクなどのピコピコ系聞いていました。曲としてはMore than wordsとWith or without youが好きです。両方とも名曲です。More than wordsは若い頃着メロに設定していました。好みバラバラです。

ネヴァーマインド(SHM-CD)

ネヴァーマインド(SHM-CD)

Amazon
Dig Your Own Hole

Dig Your Own Hole

  • Virgin Records
Amazon

因みに邦楽で一番好きな曲はミスチルの”しるし”です。邦楽のいいところは歌詞が理解できることです。洋楽だと歌の意味は分かりませんのでメロディとノリ重視ですが、そういう意味では邦楽は心に刺さる歌詞が好きです。ミスチルには勇気づけられたり、励まされたり、色々助けてもらっています。共感する歌詞が多いです。音楽は癒してくれたり救ってくれたり日々の生活に欠かすことができません。

高校生の時にコンサートへ行ったアーティストも熱烈なファンだったわけではなく彼女の影響を受けての”にわかファン”でした。コンサートチケットは殆ど彼女が手配してくれました。米米クラブバービーボーイズユーミン大江千里さん、長渕剛さん、高校3年間で数えきれないほど一緒に行きました。

今思えば、アルバイトとコンサートと食べ歩きに明け暮れた高校3年間でした。もちろん、稼いだお金は全てコンサートチケットと食費に消えていきました。高校時代の体重は60キロオーバー(身長156)の肥満体でした。高校生の時の写真を見るとパツンパツンで恥ずかしくなります。

いつも笑顔でユーモアがあって明るくて頭が良くて快活でサバサバしていて強い子でした。久し振りに会っても、違和感なくスッと昔に戻れる、そんな安心感がありました。お互い独身だったから、現役退いたら一緒に暮らしてもいいよ、なんて冗談言っていました。こんな変わり者の私を理解してくれる数少ない友達でした。

遺影の彼女は満面の笑み。髪の毛は抗癌剤の副作用で抜けちゃって写真はウィッグなのよ、とお母さんが教えてくれました。そろそろ片さないといけないんだけど、なかなか出来なくてね、亡くなって2か月が過ぎようとしているのに仏壇を片付けられないと言っていたのを思い出します。兄を亡くした時遺品整理の辛さをしみじみ実感しました。

何をしても彼女を思い出し涙が溢れ出てくる。そんな日々がしばらく続きました。楽しかったディズニー旅行、放課後の食べ歩き、映画とコンサート三昧だった高校生活を思いだし、最後に会いたかったな、病気のこと教えてほしかったな、と思う気持ちでした。ですが時が経つにつれ、それは私のエゴかも知れないとも思うようになりました。

ドラマ【Nのために】で、杉下希美ちゃんが安藤には弱っていく姿を見られたくない元気な自分だけ覚えていて欲しいと願ったように、彼女も抗癌剤で髪が抜けた姿を見られたくなかった元気な姿だけを覚えていて欲しかったのかな、と考えるようになりました。私は元気な彼女の思い出を大切にしようと思います。

彼女が最初の手術後の抗癌剤治療で苦しんでいただろう時期は多分私が不妊治療していた時期と同じ頃だったと思われます。あの頃私は自分のことで精一杯で彼女に愚痴のLINEばかりしていたような気がします。彼女も苦しかったはずなのに微塵も感じさせなかったばかりか私を励ましてくれました。凄い人です。

今日は彼女の命日。あれから早いもので8年が経ちました。卒業アルバムを開いて高校生の自分たちに会いに行く。天国の居心地はどうですか?元気でやっていますか?まだ先だろうけど天国で会えるのを楽しみにしています。コンサートを楽しみにしていたというSMAPの曲を聞きながら彼女を偲ぼう。そういえば彼女がSMAPファンだったこと知らなかったな。高校生の時はマッチのファンだったよね。私と遊んでいた頃はまだデビューしてなかったのかも知れません。時の経つ速さを感じずにはいられません。

お読みいただきありがとうございました。