ストレスフリーを目指すブログ

穏やかに健やかに暮らしたい

 本サイトはプロモーションが含まれています

タッカー・プーチン神学論

久々の積雪です。私のいる地域では今シーズン初です。出勤日の昨日でなくて良かったです。私は今日一日引きこもりデー、夫にも危険だから外出しないように、と言われています。雪の日は運転はしません。夫は違います。雪だからと言って仕事を休むわけにはいきません。雪を言い訳に遅刻もしたくない夫は凍結による道路渋滞を見込んで普段より一時間も早く出勤していきました。ということで今朝は4時半起床でした…。夫の性格が分かりますよね。心配性というか堅実というか…どうにかなるさ、と行き当たりばったりで生きている私とは真逆な性格です。

u-tantantan.hatenablog.com

昨日といえば…「おはようございます」といつも通り会社に出勤したら「どうした?」と言われました。へ?曜日間違えた?今は分けあって週二日の出勤なのです。あれ、間違いなく水曜日だよね…、と確認してふと時計に目をやると9時前です。10時出勤なのですが一時間間違えて早く出勤してしまったのです。なにやってんだか。

遅刻よりはマシですが一時間フライングって…。そしてそんな日に限ってパソコンが故障中ときた。仕事もできず帰ろうかと思ったのですが9時半に出勤してくる社員さんを待ってから帰ろうかと思ったので早番で出勤していたパートの方に聞きたかったことを思い切って聞いてみることにしました。父に認知症の症状が出てきたこともあり、フルタイムに戻った場合どうなるのか?今後も週一回は来て欲しいとの母の希望があり、月~木の週4勤務が可能かどうか?を聞いてみたかったのです。

現在休業状態の会社ですが、本格的に稼働が始まったら週二回の出勤がフルタイムに戻るのか?休業前私は平日週5日の週休2日制一日5時間勤務でした。5週間隔で通う父の通院日についても理解をしてくださり休みを確約していただいていますし、家からも近くて通勤も車で3分、私にとってはこれ以上ない好条件での有り難い採用でした。

相談すると、本格稼働後どれくらい忙しくなるのか?こればっかりは始まってみないと分からないんじゃないかな?と言われました。まあ5週に一度のお休みだけでも感謝ですから、もし週4勤務が難しいと言われたら実家には週末に通うことになると思います。夫は実家へ行くことに理解があるので問題ありません。できるなら週末は夫と一緒に過ごしたいという私の希望があるのですが、こればっかりは仕方ないですね。

昨日も仕事を終え帰宅後ボーっと【あさ8】を見ていたら次に始まった動画がコレでした。及川さんという方、今結構いろんな番組にゲスト出演されています。百田さんの有料チャンネルにもゲスト出演されたそうで、プチエンジェル事件とか地上波では絶対NGの話題だったり濃い内容だったようですが会員では無い私は見ていませんでした。興味があって及川さんの経歴などを検索をしていたからでしょうか…


www.youtube.com

最近行われて話題になったタッカーとプーチン会談についてのお話です。うーん、深い。プーチン、深いよ。メディアでは独裁者と叩かれているけど、私はこの動画を見てプーチンこそロシア正教の宗教家で真の愛国者だと確信しました。すぐ影響されるダメな私ですが、プーチンには歴史観、道徳観、倫理観、国家観、何を取っても国のリーダーとしての資質をすべて備えているように感じました。

プーチンが正しいとは思っていません。プーチン批判で反体制派のナワリヌイ氏暗殺のこともありますしね、確かに独裁ですし怖い人ですよ。でも擁護するとすれば、自らは攻撃しない、国を守るために戦う、攻撃されたら家族を守るために武器を持つのはおかしいことではないし当然のこと、というプーチンの戦いには共感できます。プーチンを突き動かしているのはそこ一点だけなのですよね。プーチンの頭にあるのはロシアとロシア国民と国益を守るということなのです。

キッシーには微塵も感じられない国益と日本国民を守るという気持ち。及川さんが発言されていましたが、ゼレンスキーも日本の政治家も構造は同じ、自分の信念神への信仰とか歴史観もまったくない。ただただ自民党安部派にいれば裏金が貰えて帳簿にも載せず好き勝手できる選挙もやりたい放題、そこには道徳観も倫理観もない、リーダーに道徳観倫理観がなければ何で動くのか?金ですよ、金と名誉欲だけですよ。日本は今現在滅びのプロセスにあるのだ、と及川さんは危険信号を発信しています。

ロシア正教にもふれ、ドフトエフスキーの大審問官の話もありました。昨年から読み出したカラマーゾフの兄弟、ちょうど大審問官の話で理解に苦しみそこから先読み進められずに中断しています。宗教論はすごく理解に難しいですし、感じることも読み手次第、いろいろな解釈があると思います。及川さんは宗教家ということで、その分野にも詳しい人らしいので、彼の説明に納得させれれる部分も多くありました。

及川さん、幸福の科学信者だったのですね…。幸福実現党で政治活動もしていたとか?知らんけど。今現在の肩書きは会社経営、宗教家、国際政治評論家みたいです。ビジネスの一環としてメディア活動もされていたようですが、自分のYouTubeチャンネルはバンされ永久追放されたらしい(バイデン政権批判が原因?)ので今はいろいろなYouTube番組のゲスト出演ということで活動しているようです。これから本格的に政治活動するのかな?知らんけど、とにかく保守思想であることは間違いないようです。

宗教観については私も色々考えることがあります。ブログでも何度か私の思想を話していますけど、宗教って基本的には心の拠り所なのですよね。私は母の影響で子供の頃洗礼を受けているカトリック信者ですが教会へ行っていたのは小学生までで中学に入学してからは行かなくなりました。毎週教会へ行きミサに出席して祝福を受けることは重要なことではないのです。神に感謝し御心のまま、ありのままを体現する。常に謙虚であること、その考え方は及川さんと完璧に一致していると感じました。及川さんも動画内で言っていましたが、日本人は神の存在を信じていない無神論者が多いですよね。それが悪いことではないですけど、祈ることで謙虚になれる、というのは本当です。信仰心に救われたり支えられている部分は大きいです。ブログ内で”宗教”と検索すると26記事ありました。結構多いですね。

u-tantantan.hatenablog.com

u-tantantan.hatenablog.com

【love your neighbour love your ememies】みんなが尊重して共生できるならそれは一番いい。でもいくら頑張っても理解し合えない人がいるもの現実。理想と現実は違うのです。守るためには戦わざるを得なかった、神のみぞ知る、神の御心のままに、独裁者と言われるプーチンは実は信仰深い真のリーダーなのだと私は思いました。

なによりメディアが報じるプーチンは悪というレッテル貼りが気持ち悪い。及川さんが動画の最後に発言していますが「善を悪にし、悪を善にする、神を悪魔にし、悪魔を神とする」それが西側諸国がやっているグローバリストのメディア洗脳なのかな、と思います。

プーチンは歴史に名を残す偉人になる。ノルマンディー上陸75周年記念式典で見せた原爆の映像が流れたときオバマは拍手、プーチンは体前で十字をきりました。その姿はまさしく神々しさすら感じます。あれはカメラを意識した行動では無く無意識だったと思います。彼の中にある信仰心が自然にそうさせたのだと思います。

こういうチャンネルで発信をする人が比較的若い方であることが希望です。この方が高校生の時に出会った師匠が北極老人という方のようで、彼らは2001年当時に教え子だったみたいですね。その教え子たちがそれぞれ起業してビジネスを展開しているようです。その北極老人は9.11テロ発生時にすでにグローバリストの存在について指摘していたようですね。2001年当時受験生というと18歳?だとすると今40歳前後ということでしょうか、彼らのような若い世代がこれからの日本を引っ張っていくリーダーになれば希望は持てるのかな、なんて思います。

素晴らしい出会いがあれば人生は変わる。尊敬できる人との出会いがあるかどうか?まあ人でなくても、本とか動画でも映画でも、何でもいいですけど”出会い”は大切ですね。やっぱりなんだかんだ教育次第なのですよ。勉強はもちろんですが、道徳や倫理観、宗教観、思想、哲学、知識と教養があれば、もっと人生は豊かになる、私はそう思います。自分の知らない世界を見知ることが自分を成長させるし人生を豊かにします。

タッカー・プーチンの会談は政治論ではなく神学論、タッカーもプーチンもベースはキリスト教で信じる神様は同じ。殺すなかれ、プーチンは侵略したのではなくドンバス戦争を終わらせる、同胞がジェノサイドされることを見過ごすことができずなんとか仲介したけど最後は選択を間違えてしまったのだと思います。同胞を守るため、防御のための戦い、これが、プーチンが始めた攻撃の言い分なのだと思います。それが西側諸国によって”独裁者の侵略戦争”と書き換えられた、そんな感じがしてなりません。とってもいい動画に出会えたことに感謝です。バンされないことを祈ります。

プラグマディズムもいいけどプーチンが求めているのはそれより大切なのは心の豊かさなのですね。ロシア正教が根付いているこれもロシアの国民性なのです。それを奪う権利は誰にも無い。プーチンウクライナを征服してさらに西側に侵略を進めるからプーチンを勝たせてはいけない、とメディアは発信するけど、プーチンにはそんな気さらさらないと私は思う。まあ、こういうと、プーチンに騙されるな、とか言われるのだろうけど…どっちにしろ、タッカーが言うとおり自国のボーダーが破壊され大変な問題を抱えているときに他国のことを考えている余裕なんてないのが今のアメリカ。そのアメリカが日本が侵略されたときに守ってくれると本気で信じている人がいるなら本当にお花畑だと思います。

日本も日本の国民性をもっと重視して守っていくべきじゃないかな。グローバル化との名の下で日本の良さがどんどん奪われていくような気がしてなりません。自分の国は自分で守るしか無い、攻撃されたら防御しないで侵略されるのをただただ眺めている気なのでしょうか…家族を目の前で殺されて陵辱されても仕方ないと自らも命を差し出すのでしょうか?それとも自分だけ命乞いして奴隷になる?

陰謀論語るとあたおかって言われてしまいそうですけど、メディア媒体の多様化によって及川さんのように暴露する人が現れて陰謀論もあながち嘘とは言い切れない情勢になってきましたからこの先どんどん世界は変わりますよ。プロパガンダによる情報戦争です。ロシアウウクライナ戦争の裏側にあるのはロシアの天然ガスを巡る利権争いだと考えるとロシアの戦いは国益を守る戦いだという事になるのではないでしょうか。メディアが流すプロパガンダに騙されないように、自分で何が真実で何が嘘が見極める力が必要だし安易にイイネもできない、不用意にSNSで呟こうものなら訴訟ですから気をつけないといけません。

自分を守るためにも力を付けることが必要なのです。喧嘩が強い人にわざわざ戦いを挑む人はいません。弱いからつけ込まれるのです。自衛隊は抑止力、攻撃するのではなく防御、守るためには軍事力が必要不可欠なのですよよね。中立国である平和の象徴スイスは自国の努力で強力な軍隊と武器を備えて守っているのです。私の母が典型的ですが、改憲イコール戦争と結びつける人が多いことに驚きを隠せません。

ブログで呟いているだけなら大丈夫だよね…【あさ8】が始まる時間、今日のゲストはイカリちゃん、集中して見たいので今日はこの辺で終わりにします。さすが4時半起床だとブログも余裕で書けますね。早起きは三文の得です。

お読みいただきありがとうございました。