ストレスフリーを目指すブログ

穏やかに健やかに暮らしたい

 本サイトはプロモーションが含まれています

コロナ禍になったから気づけたこと

カエルの楽園、一日で一気に読み終えました。ドストエフスキーカラマーゾフの兄弟に比べると数段読みやすい。当たり前ですけど…ぐんぐん寓話の世界に引きこまれていきます。こうして国は滅びましたとさ…というエピローグが悲しい。でもこのままキッシー政権が続けば日本の未来は残念ながらこうなるのだろうな、と…。

百田さんは執筆した2016年の時点で全てをお見通しだった模様です。先見の明ですね。ウシガエルは平和を愛するいいカエルだ、と信じた結果まんまと乗っ取られて滅びるオチ。ナパージュがウシガエルに占領されたのちウシガエルによって行われるツチガエルの奴隷化や殺戮、手足を食われてもなお「”三戒”があるから酷いことにはならない」と言う瀕死のローラはお花畑のまま死んでいく…。それでもなお多くの人たちが未だローラと同じお花畑状態。ウシガエルが友好であると信じて疑わない人たちの思考回路って一体どうなっているのだろう…。

あの頃の私を含め多くの護憲派の人たちがメディアが垂れ流す情報を鵜呑みに戦争反対のプラカードを掲げていたのだろうなと。私もぶっちゃけ50年もの間ずっと憲法九条は守るべき素晴らしいもので改憲派の安倍さんは権力を振りかざす悪でしかなく、グローバル化賛成でした。私はリベラル、姉は当時からかなりの外国嫌い、ネトウヨまではいきませんが青山さん推しの自民党支持、LINEは危険だと言ってアプリインストールにかなり反対されたことを思い出します。姉は今もLINE使用NGで徹底しています。

侵略などあり得ないし、話し合えば分かり合える、武力に頼らずとも対話で解決できるはずと思っていました。私が熱弁を振るうたびに姉は冷めた目で見てましたね。恥ずかしながら平和ボケの典型ってやつです。安倍さんが暗殺された時でさえ、安倍さん憎し殺されて当然、って思ってましたから…完全なアベガーでした。安倍さんの国葬?マジで?理解できん、ネトウヨは人種差別主義で最低、そういう考えの人間でした。

小説の中でデイブレイク(メディア)の言うことを盲目的に信じた多くのツチガエル(日本人)と同じです。キッシーが首相になってから政治に不満を抱くようになり、政治不信に陥りました。政治に深く興味を抱くようなったことで、色々自分から情報収集するようになり、ようやく目が覚ますことができた感じがします。こう考えるとネットの影響はやはり大きいですね。これまでメディアがいかに偏向報道で情報操作してきたことか…

それに加えてコロナ禍が深く影響していると個人的には思っています。もしコロナ禍がなくて今でもバリバリ添乗員として仕事をしていれば未だに政治に無関心のまま忙しく日々に忙殺されていたことと思います。NISAやidecoを始めることもなく、火災・地震保険に加入することもなく、ブログを始めることもなかったと思います。

思い返せばカエルの楽園が文庫本になった2017年は兄が交通事故で亡くなった年で政治に愚痴を言っている場合ではなかったですし。コロナ禍になり添乗員を引退してほぼ無職状態になり時間的余裕ができたことが日本の政治や世界状況を知るいいきっかけになったと思います。それもこれも【あさ8】と日本保守党を結党した百田さんと有本さんのお陰です。今は毎日【あさ8】を見て日々勉強です。私も微力ながら滅び行く日本を救うために結党してくれた百田さんと保守党を応援したいと思っております。

コロナ禍は決して私にとって悪いことばかりではかなったような気がします。コロナ禍になって気づけたことがいっぱいあります。ブログ開始は2022年の3月でしたから間もなく2周年になります。なんだかんだで続いているのが自分でも驚きです。保守党結党から新たな歴史の一ページが刻まれるのかな。自分の雑記愚痴ブログがアンネの日記みたいになったりして。ないか。

安倍さん亡き後ずいぶん日本を取り巻く状況が変わりました。ネット環境が急激に整ったことで各々があらゆる媒体から情報を得る時代、もうメディアの偏向報道に惑わされることもなくなると思います。テレビや新聞しか見ない人は情報弱者のまま簡単に投資詐欺に引っかかり自己防衛もできず老後を迎えるのでしょうね…無知だから騙される、騙されないためにも知識を得ることが必要です。

物価上昇もすごいことになってます。日々買い物をしていて感じます。以前は15000円を超えることは稀でしたが最近は一回の買い物で2万円を超えることもしばしば。(夫婦2世帯一週間分まとめ買い)

50歳を過ぎていつまでもスネカジリで生活していることに罪悪感がないと言えば噓になりますが、両親も父が今年で88歳母が84歳、いつ何が起こってもおかしくない年齢です。財産を減らすことも考えないといけない。生前贈与だと考えてここは大いに甘えることにします。給与上がらない状態での物価上昇なので一番助かります。

お金に苦労しない老後、私たち棄民の氷河期世代には望めませんから…もし老後、年金に頼らず生活できるようなら私的には年金は貰わないことも考えています。夫は貰える年齢になったら絶対貰うと言っています。私は必要なければ別に貰わなくてもいいかなという考えに最近なりました。思わず予想外に長生きしてしまったときのために取っておくかな…長生きはしたくないけど…。長生きリスクってやつです。自分で死ぬことが許されないなら生きるしか選択肢はないしそんな時に無一文では悲しいですし。

早く安楽死を認める法改正してくれないかな。80歳を過ぎたらいいんじゃない?って思っちゃう。ボケて誰かの世話にならなきゃ生きられないなら死んだ方がマシ。この考え方がいつまで続くか?80歳になった時点で自分が同じ考えなのか?もっと生きたいと思うのか?先のことは分かりませんが、今はそんなに長く生きたくないというのが正直な気持ちです。

【あさ8】見てブログ書いて好きな映画見て小説読んで日中ダラダラ過ごし、週一回実家へ行って母とお互いの愚痴を言い合って慰め合ってストレス解消、それでも被災地の人が寒さに震える不自由な避難所生活を今も強いられていると思うと恵まれた生活環境に感謝しかないし。日本の未来のため闘ってくれている百田さんや有本さん、日本保守党に協力してくれる知識人の方々や抗がん剤治療しながらも発信をし続けてくれている森永さんには頭が下がります。日本のために尽力してくれている全ての人に感謝です。被災地で頑張ってくれている自衛隊の方々にも感謝です。

また大きな地震がきて家が倒壊したらどうする?と夫が聞いてきました。そうだな…、その時の日本がどうなっているか?治安次第ですけど、キャンピングカー生活、夢のノマド生活、いいんじゃないですかね。

”異教徒は人間ではないから家畜同様殺しても構わない”という宗教教育の下で育った人たちが移民政策で増えてくるようなら叶わぬ夢になるでしょうね…ヨーロッパの現状を知れば容易に想像できるでしょうに、それでもなおイスラム圏からの労働移民を押し進めようとする恐ろしい政府、恐怖です。

どうなることやら。問題山積です。とりあえず今は日本保守党に期待するしかない。選挙の候補者選びがこれから進んでいくと思いますがどんな人材が出てくるか?今からワクワクしています。石川能登地震羽田空港衝突事故、裏金問題、田中邸全焼、暗いニュースばっかりで絶望しかないのに【あさ8】を見ているとなんだか明るい気持ちになります。百田さんも自身の病気で不安な中あえて明るく下ネタを交えながら平常運転で振る舞ってくれています。政治団体がこれだけ政治の素人にも分かりやすく発信をしてくれる。政治に親しみを感じることができる、庶民に近い距離間と感覚、それだけで安心感があります。百田さんの言動が党首として下品だとか叩く人がいますが、私は百田さんはそれでいいと思います。百田さんを100%支持します。

先月お試し契約したU-NEXTも今週末で終わり、付与された1000ポイントは【カエルの楽園】と映画【沈黙のパレード】に使いました。映画、面白かったです。殺したのは確実なのに証拠不十分で黙秘を貫けば釈放される世界、推定無罪を含めて怖いですね。許せません。それが今の外国人不起訴・釈放の流れに繋がっているのかな…

【カエルの楽園】は余ったポイントでとくにコレと言って見たい新作映画もなくて無駄に放棄するよりかは、と初めてトライした電子書籍でしたが、やはり私は電子書籍より本で読みたい派です。なんと言ってもやはり目が疲れます。【カエルの楽園2020】は本を購入しようかな、と思います。

お読みいただきありがとうございました。