ストレスフリーを目指すブログ

穏やかに健やかに暮らしたい

 本サイトはプロモーションが含まれています

ドラマ映画三昧のお正月

年末年始10日間の休みが終わり今日から夫が出勤しました。正直長かったです。その間ブログもお休み。ここで10日間の記録を残したいと思います。

まず休み一日目12/30

夫の風邪が移ったのか咳き込み始める。体調が優れず一日寝込む。夫は台所の換気扇や床ワックスなどの大掃除に励む。かろうじて昼食夕食の準備だけするも、夜も早く寝る。夜から8度の発熱、年末なのに気分が悪く飲む気にならず珍しく飲酒無

晦日

解熱剤が効いてか熱は7度くらいまで下がる。ミスドの福袋予約受け取りのため外出、昼食後、午後から正月の御節づくり。夫は大好きな洗車ワックスに精を出す。15時くらいから調子が上がってきてワインを飲みながら大晦日一日限りのキッチンドリンカー。いつもは炊飯器の保温で作るローストビーフを圧力鍋のスロー調理でやるも失敗。コンビーフ状態になってしまいました。やっぱりいつも通り炊飯器でやるべきでした。圧力鍋のスロー調理は使えないことが判明…

紅白歌合戦をダラダラと見て、年越しそば緑のたぬきを食べようとしたけど関節の節々が痛み出し悪寒もしたので熱を計ると8度越え。ヤバいと思いそばはキャンセルして就寝することにしました。

紅白で唯一気になったのは10-FEET。紅白で初めて聞きました。とっても好きなサウンド。色々調べるとミッシェルガンのボーカルの名前を叫んだエピを知りました。そしてその方が亡くなっていることも初めて知りました。チバユウスケさん、享年55歳だそうです。

あの頃日本のロックはあまり聞いていなかったですけど、ミッシェルガンエレファントというバンド名は知っていました。メタリカ、グリーンデイ、ストーンローゼズとかニッケルバックニルヴァーナレッチリU2。20代の頃ハマッて聞いていた音楽はどれも激しめの音楽でした。系統違うけどバックストリートボーイズとかケミカル、ジャミロクワイにもハマっていました。

ロック、パンク、グランジ、ジャズ・ブルース、スワンプ、メタル、ポップス、エレクトロどんなジャンルの音楽でも聞いたけど、特に重めな音が好きで聞いていたので10-FEETサウンドは20代の頃夢中で聞いていた音楽に似ていて懐かしさを感じた瞬間で胸が熱くなりました。私は心に響く情熱的な音楽が好きです。10-FEETの音楽はあの頃聞いていた音楽を思い出して血が騒ぐ感じでゾクゾクしました。スラダン映画のエンディングテーマ曲だったのですね、知りませんでした。

洋ちゃんの本気の歌唱も良かったですが、感動したのはやっぱりミーシャかな…、ミーシャの歌声には毎回圧倒されます。聞いているだけで涙がジワジワと溢れてくる。音楽とは心で聴くものだな、と痛感します。上手にキレイに歌うことじゃなくて魂で歌う、そんな心の叫びが人の心を打つのだと思います。福山さんも良かったです。衣装がティンカーベル激推しオジサン、って…笑えるけど絶妙な感じで納得。これぞ言い得て妙。ショッキングピンクの衣装に続いて今回の衣装、もはや福山さん自身で楽しんでいるように感じます。話題作りネタ提供を狙っているような衣装チョイス。さすがスーパースターです。

ジャニが出ないのは良かったですけど、K-POPの良さも全然理解できないのでイマイチ楽しむことができませんでした。知らない人ばっかりだし。もうババアには難しすぎてついていけません。楽しみにしていたNiziUもなぜかMake you happy。えーーー?なぜ?選曲に納得できません。

ジャニオタの組織票がなければ紅組の圧勝、なんてコメントがありました。どっちが勝ち負けなんて正直どうでもいいけど、そうなんだよね、結局支配するのは組織票。政治の世界も同じ。結局一般市民が本気で投票しないと組織には勝てないわけ。あ、また政治ネタになった。嫌な事件ばっかりで…

そして迎えた正月。朝から超絶不調。義母から亡くなった祖母の家においで、とのお誘いLINEを貰うも具合悪すぎてそれどころの話じゃない。年始のご挨拶訪問は丁重にお断りしました。熱が出たのは訪問を断るいい口実になりました。でも義母に風邪を移したら大変ですので行くのは控えて正解です。検査してないから分からないけど十中八九インフルだと思います。

御節とお雑煮を食べ終えると年賀状が届きました。数年前から自分たちから積極的に出すのを止めています。届いた年賀状に返すというスタンス。とくに年賀状じまいはしていません。出したい人は出せばいいし貰って迷惑なものでもないので。私はまったく会わない過去の知り合いから年賀状を頂くのは嫌いではありません。覚えていてくれて嬉しいし、懐かしく当時のことを思い出すことができるので年賀状というシステムは日本の良い文化だと思っています。貰うのは嬉しいけど自分から出すのは面倒くさい。

ということで年々頂く年賀状は減っていますが今年も数枚届くわけで、体にムチ打ってコンビニに年賀状を買いに行き必死の思いでポストへ投函。まあ年賀状は義務でやるものでもないので、やりたくない人は終わりにすればいいし、やりたい人だけやればいいのでは?と思います。一枚も届かなくなったらそれはそれで寂しい気がします。

そんなこんなしているうちに激震の地震。警報ビービー音が心臓に悪い。ゆーらゆーらと大きな不気味な横揺れ。結構長時間続きました。東日本大震災以降、何度も揺られていますので倒壊するリスクはあるのかな?耐震基準クリアしている免震構造住居ですが基礎部分のいたるところに小さなヒビが入っているのが気になります。地震保険に入っていたので、過去には保険金を受け取っています。地震大国なのでやっぱり持ち家一軒家なら地震保険加入は必須です。

被害状況は分からないものの正月特番は全て中止。やることもないし、具合悪すぎてさすがにお酒飲む気分にもならず、その日は早めに就寝。

1/2熱は下がる。楽しみにしていた箱根駅伝、放送終了してからクリスチャンな私ですが恒例の近くの神社へ初詣。おみくじは吉で開運招福縁起物のお守りは軍配うちわが入っていました。夫は末吉でお守りが大黒様。微妙…。まあ凶じゃないから良しとする。熱が下がり今年初飲酒。ワインでグダグダ飲み始めるが地震の災害被害状況が明らかになりつつ羽田空港事故のニュースも重なりあまり楽しい酒にはならず。

1/3も箱根駅伝。強い青山学院。今年も駒沢かな?と思っていたのですが青学復活でした。お正月は箱根を見るのが定番です。私が回復し始めると今度は夫が偏頭痛で午後からダウン。夫が寝込んだので一人で映画【永遠のゼロ】を視聴。途中から泣きっぱなし。主演の岡田さんに興味がなく見る気が出なかったのですがU-NEXTで配信していたのでようやく見ました。U-NEXT無料期間中にできる限り多くの映画やドラマを見たいと思っているものの中々時間が作れないのが残念。あっという間に無料期間が終わりそうです。この日も秋葉原での殺傷事件や北九州の大規模火災があったり年初めから不穏なニュースが多い。

1/4~8はどこへも行かず家に引きこもりTverや録画していたドラマや映画をイッキ見。義母むす、Dr.コトー映画版、イチケイ映画版、二夜連続松本清張スペシャルドラマ、正直不動産スペシャル、そして下剋上球児イッキ見。もう泣きっぱなしです。Tverで見た松本清張スペシャルドラマは二作ともイマイチでした。義母むす、Dr.コトーイチケイ下剋上は泣きっぱなしでした。永遠のゼロから6日間連続ずっと泣きっぱなし…夫が冷ややかな目で号泣する私を横目に呆れていました。

今年の正月は地震から始まり航空事故、大火災に無差別殺傷、極めつけは田中邸目白御殿全焼。一連の裏金問題発言の報復、ですかね…。一体何がどうなってんの?DS陰謀論説を信じているわけじゃないけど災害パニック状態を利用して粛々と進められる改憲(緊急事態条項をシレっと入れる)ショック・ドクトリンかよ、という恐怖と危機感。

そしてキッシーがゴム被ってる疑惑とか…、なんかこうも立て続けに色々なことが起こると、あることないこと疑心暗鬼になって考えてしまいます。メディアは都合の悪いことは隠蔽して報じないし、かと言ってネットもフェイクが横行しているしXはビジネス右翼工作員で溢れていて情報操作に必死だし何も誰も信じられません。

私にできることは何もない。毎日一生懸命生きるだけ。私にできることと言えば実家のお手伝いくらいしかありません。今日も実家へ行って買い出しと作り置き料理をしてきました。野菜も冷凍していたお肉も食料ストックも全部使い果たし冷蔵庫はスッカラカン。2週間ぶりの買い物だったので量がえげつない。金額もえげつない。ワオンに2万円チャージしていましたが、2世帯分の買い物が久々に23,000円を超えました。普段の買い物の1.5倍でした。物価が上がっているとはいえ久々の2万円越えでビックリしました。

体調悪くして熱も出たりしてパっとしない正月でしたけど、何もしないどこへも行かない普段通り通常運転の正月休みだったのかな。羽田空港の海保とJALの衝突事故、JAL側に被害者がいない奇跡の脱出劇は特筆すべきこと。海保で犠牲になった方々の死因が全身挫滅って辛すぎる。ご冥福をお祈りいたします。助かったパイロットの方、相当辛いだろうな…。人災だと言う人もいるみたいですが、人災と言うなら政府の体たらくですよ。緊急時には災害支援物資を優先というか専用滑走路にしないとダメでしょう…旅客機と被災地支援、優先順位が間違ってます。これは日本の政治が悪いですよ。

不幸中の幸いはJALの乗員乗客が全員避難したということ。CAさんの判断と乗客の協力がなければ全員無事避難なんて叶わなかったと思います。これがもし国際線で日本人以外の乗客が多かったら我先にと非常口を勝手に開けたりする人が続出して違う結果になっていたかも知れません。モラルのある常識人だったからできたこと、乗客みんながパニックにならず冷静に行動した結果で日本人が起こした奇跡、日本人だからできたことだと誇りに思います。

昨年の正月休みは飲みすぎて反省していました。何もしていない正月なのは同じですが圧倒的に飲んだ酒の量が違いました。体には良かったのかも知れません。

u-tantantan.hatenablog.com

今年初めのブログはここまでにします。明日が私の仕事始め。休みが長すぎてなんだか調子が狂っています。休みボケで通常モードに戻るのが大変そう。

被災地では被害状況が徐々に明らかになってきました。亡くなった方が日々増えている被災地、家を失った多くの人が寒さと空腹に耐えながら不自由な生活を強いられていると思うと胸が痛みます。一刻も早く普段通りの生活に戻れますようにと祈るばかりです。

新年初ブログお読みいただきありがとうございました。今年もよろしくお願いします。良い年になりますように…