ストレスフリーを目指すブログ

穏やかに健やかに暮らしたい

 本サイトはプロモーションが含まれています

ついてないダメダメな一日の話

週イチ恒例の実家訪問。実家に到着するなり、区役所行ってほしい、皮膚科で薬貰ってほしい、処方箋もらったから眼鏡を買いたい、と矢継ぎ早に母に言われ、休む暇なく即行動。市役所と皮膚科の用事が終わるともうお昼の時間。眼鏡も買わないと、だし、料理もしないと、だし、昼食はフードコートでラーメンを流し込み急いで眼鏡市場へ。

フレームを選び会計を済ませ今度は一週間分の食料品を買い出し。実家へ行く度、毎回一週間分の作り置き料理をするのですが、今回は家庭菜園のニラが収穫できたので餃子を作ることに。家に戻り餃子を作り終えるとちょうど3時。やっとホッと一息ついてアイスを食べながら休憩していると、母がわけのわからないことを言い出した。

「年末ジャンボの外れ券抽選番号確認した?」9月2日宝口の日お楽しみ抽選のことです。当選商品はというと…以下の5つから選べるそうです。

・ブランド米2種食べ比べセット(1kg×各1袋)
今治ホテルスタイル タオルセット
・長期保存食セット
・真空二重マグボトル
・お好きなスクラッチ(2,000円相当)と引き換えられる二次元コード
 
どれもいらんし、興味ないし、そんなん確認する手間暇のほうがよっぽど無駄だわ、と思っている私はいままで一度も確認したことがありません。「してないよ」というと、「なんでー、色々豪華賞品当たるんでしょ?」と母。何を勘違いしているのか…?豪華家電とか車とか当たるとでも思っているのかな?どの商品もせいぜい2000円程度。そんなものを貰うためにわざわざ手間暇かけて当選番号確認しないわ。万が一当たったとしても、切手代かけて手続するほうがバカバカしい。悪いけどそんなに暇じゃない。
「欲しい商品ないし面倒だから今までやったことないし…」それでもしつこく食い下がる母。思わずカッチーンと来た私は「もう色々あれやれ、これやれ、言わないで。お母さんに頼まれた用事こなすだけで精一杯だから」とブチ切れてしまいました。
宝くじの外れ券を一枚30円で交換できるという母。ないよ、そんな話。半分聞き流していたものの、しつこく言うので「どこから情報?」と聞くと「アンタ、いっつも外れ券持って毎回窓口でお金貰うじゃない」と…。それは外れ券ではなくて当選の末等だよ。1セット10枚の中に必ず1枚は末等が当たるようになってるの。と3000円買えば必ず1割300円は返ってくる仕組みだと説明するも納得できない感じの母。なぜ必ず末等が当選するのかが理解できないらしい。もう説明するのも嫌。とにかく、外れ券の抽選も興味ないからしないし、あーだーこーだうるさく言うならもう宝くじは買わないから!と啖呵きってしまいました。
宝くじは年末ジャンボだけバラで1セット購入するのが毎年の恒例行事、私にとっては一年無事に過ごすことができたことと来年もまた無事に過ごせるようにというゲン担ぎみたいなものなのです。それに便乗しているのが母。母はジャンボとミニを1セットずつ購入しているので、母と私二人で9,000円分、結果毎回末等である900円を受け取っているのですが、それが母は外れ券だと思っていたのです。
色々なことがトンチンカンすぎて母の話を聞いているだけで疲れるしストレス。心に余裕があるときなら聞き流せますが、今の私の精神状態ではかなり厳しい。なのに、母は私の抱えているストレスや気持ちなど一切お構いなし。自分が話したいことを話す。やってほしいことを無理強いする。情報弱者で何も知らないクセに、知ったかぶりでさも自分が正しい体で話すので余計頭にくるのです。勝手に自分の思い込みで話を作るから、こっちはたまったものじゃありません。世間知らずが嘘八百語ってんじゃねーぞ、と怒り爆発です。
年を取るとなんでも自分中心になるのかな?母も自分のことだけで精一杯なのはわかる。父の介護、自分も体調優れず、私が来ればやってほしいこと山積みで前のめり気味になるのも分かる。だから私も精一杯母のリクエストには応えようと頑張っているし、でもそれ以上のことは無理。宝くじの外れ券とかぶっちゃけどうでもいい。
今回の宝くじ外れ券だけではありません。先々の予定まで何度も確認してくるのもはっきり言って迷惑。バカじゃないし、手帳にもちゃんと書き込んでるし、頼まれごとはちゃんとメモしているから何度も言われたくない。
母は色々なことを強制するのです。ワクチン接種に関しても、自分が接種終わったからと私にも強制してくるのが嫌でたまらない。コロナワクチンに関しては、これまで4回接種しましたが、母に接種を進められてもこの先もう新たに打つ気はありません。接種したのは昨年の11月が最後です。
インフルワクチンも母に懇願されて生まれて初めて昨年冬に接種しました。インフル、コロナともまた同時流行し始めたのでまた接種しろ、と言い出しました。打たないから!と言っても、今度は「老人と一緒にいるんだからお父さんのためだと思って打ってよ」と泣き落としです。なんでもかんでも”お父さんのため”と言えば私が言うことを何でも聞くと思っているのです。もはや父を口実にした一種の脅しですよ。
とにかく色々なことがお花畑な母とは話したくない、というのが本音です。もともと浮世離れしているというか世間を知らないというか、苦労知らずなところがある情報弱者。勝手な思い込みで話を作るので面倒くさい。心に余裕がない人はギスギスするし優しくなれない。これ本当のこと、身をもって感じます。だから今の世の中全体がギスギスしているのだと思います。それもこれも全部キッシーのせい。今回の経済対策5本の柱もまったく意味不明。どこまでズレれば気が済むのでしょうか。怒りを通り越して悲しい。これを許している我々国民が情けない。
そんなイライラした気持ちで家路についたせいか、玄関前でスマホを落としてしまいました。画面が見事にバリバリ全面ひび割れてしまいました。今使用中のスマホ使用歴はちょうど4年。スマホ寿命を考えると機種交換の時期と言えばそうなのですが、使い慣れているし不具合もなく気に入っていたのでトラブルがなければ、あと一年は使おうと思っていたのでショックは大きいです。
前回は5年で買い換えました。その時は熱を持ったり放電して充電が半日持たなくなったり通話中に途切れたり末期症状が出たのと、アプリのバージョンが追い付かなくなったことがきっかけで買い換えました。

帰宅後すぐ遠方に住む姉に電話して口説きました。「今精神的に余裕ないから母の浮世離れした話を聞くのは無理。車の送迎とか買い物とか用事のお使いなら喜んでやるけど、母の話し相手はできないからお姉ちゃん頼む」とお願いしました。近くに住んでいる私は行動部隊で肉体労働的なフォロー、遠方に住んでいる姉はストレス軽減部隊で精神的なフォロー、それぞれの役割分担で母を支えよう、という話に落ち着きました。それぞれが分担してやるしかないです。
私は先々のことを考える余裕がないのです。日々毎日をやり過ごすことで精一杯、明日どうなるか?なんてわからない。今日一日一日を懸命に生きるだけ。来週の予定ならまだしも、一カ月先のこととか言われても正直ついていけない。というか、考えられない。だけど、母にしたら絶対忘れてほしくない事案だったりするから、何度も繰り返し同じことをしつこく念押しをする。耳にタコだしぶっちゃけウンザリなのです。
今、自分の心に余裕がない原因はなんだろう?と考えた時、やっぱり思い浮かぶのは”ストレス”なのですよね。夫の愚痴、義母の愚痴、母の愚痴、叔母の愚痴…。愚痴を聞くだけで本当にストレスなのです。そんな自分も姉に散々愚痴を言いましたが、愚痴を言わずにいられないくらい昨日はストレスを感じた一日だった、ということです。そして私はブログにぶちまけている…。
今日も叔母から電話が来る予定なので、それを考えるだけで憂鬱な気分になります。日曜日に義母、叔父夫婦の3人でお寺さんと墓じまいについての話し合いをしたそうです。その結果について、叔母が私に話したいことがあるそうです。結局、叔母は血縁ではないので、夫である叔父にも遠慮があるのだと思います。血縁ではない私にだと遠慮なしに話ができる、ようするに叔母の愚痴をこぼす相手が私なわけです。
私も義母の愚痴を夫に散々口説いたら「人の親のこと悪く言うな」って最後には怒られたから、やっぱり叔母も実姉の愚痴は叔父にはこぼせないのだと思います。気持ちはわかりますけどいかんせん気が重い。正直な話、関わりたくないし、お墓とか家売却の話は血縁同士(姉弟)でやってくれ、って話。お彼岸の墓参りで義母と会ったときに「三回忌まではこのままで」と言っていたので、叔母が墓じまいしたくても、十中八九来年までは現状維持なんだろうな、と。結局義母は墓じまいも祖母の家売却もする気なんてさらさらないのだと思います。
家を売らなくても墓をしまわなくても私としてはどうでもいい。だけど、墓やお仏さんやの管理が大変で…、とか家の掃除や庭の雑草取りが大変で…、とか、私や叔母に愚痴をこぼさないでほしい。管理が自分一人では大変、お仏さんの世話が大変、と言うから、だったらお墓もたたんで家も売却したら問題解決では?と提案している、それだけの話。仏壇ごと家に運べばいいのに…
「嫁がさっぱりやらないから自分ばっかり大変で…」と義姉のことを言う義母。私や叔母に当てつけだと思われても仕方ない言い方。だから私も叔母もウンザリなのだと思います。古い慣習をおしつけるのもいい加減、時代にそぐわない時代錯誤と思わないのかな…夫の母親を悪くは言えないジレンマ。同じジレンマを叔母も感じているのかも知れません。思い入れがあろうが家の売却はいずれやらなければならない避けては通れないこと。先延ばしされても残されたほうは大迷惑。売らない口実を叔父のせいにされていることが叔母にとっては耐え難いストレスになっているのだと思います。
神様や仏壇がある家は大変です。我が家にも私の実家にも仏壇・神棚ありません。母はカトリックですし父は無宗教、家長ですが家督を継ぐ後継ぎの兄に子供がいないため、先祖代々の墓も父の代でしまいました。もともとお墓参りや供養、神仏にお供えなどしない人。そういう家庭環境で育った私は母の影響で子供の頃カトリックの洗礼こそ受けましたが今は無宗教、ありとあらゆる神様に日々感謝して手を合わしています。お墓や仏壇、神棚なんて所詮は形でしかない。要は”感謝して祈る気持ち”、だと私は思うのです。
古いしきたりを重視する義母ですから義姉も色々大変だと思います。同情します。長男の嫁って大変だわ…私には自分の両親であろうが同居は無理。ましてや義母となんて絶対ムリ。理解しあえない人とは距離をとるのが一番です。分かり合えない義母の話は別記事で

u-tantantan.hatenablog.com

色々あってダメダメな一日でしたが、頭が痛いのは落として割れてしまったスマホです。問題なく通話も通信もできるし画面だけバリバリ割れているだけですが、このままの状態ではバーコード決済が厳しいと思うので、やはり買い換えたほうが無難かな、ということで、早速ドコモオンラインショップで2021年発売製品で型落ちの値引きスマホを注文しました。滑り込みで今月末まで使える5000円の割引クーポンを使いポイントも一部消費して月々600円の36回払いで購入できました。

Xiから5G新料金プランeximo変更で2000ポイントゲットできたし、いいタイミングだったのかも知れません。ハイスペック機種は使いこなせませんし機種のこだわりはありません。口コミにはレスポンスが遅いとの低評価でしたが、ゲームはしないしカメラもあまり使わないので、充電長持ちで最低限のアプリが使えて通話通信ができれば初心者向けで十分です。

今月は1ギガ超える手前ギリギリなので、10月になってから移行手続きをしたいと思います。一番心配なのはお財布ケータイの移行かな。suica楽天ペイ、d払い、id、アプリの引継ぎ、データ移行が上手くいくかどうか…。富士通スマホも今回初なので気になるところです。「arrows」シリーズのスマートフォンを販売しているFCNT株式会社が民事再生法適用を申請したニュースが気にはなりますが、姉も母も富士通のらくらくフォンなので、ま、いっか、という感じです。

ついてない、こんな日もありますね…お読みいただきありがとうございました。