ストレスフリーを目指すブログ

穏やかに健やかに暮らしたい

葬儀について色々思う事

夫の祖母が100才まで大往生して亡くなり葬儀が行われた時の話です。祖母は生前からベルコ会員だったようで(誰も来ないのに)豪華な祭壇でした。焼いてしまうだけのお棺も刺しゅう入りの立派なものでした。いったい誰のための葬儀だったのでしょう…。

来月には100才の誕生日を迎えるので、誕生日のお祝いを兼ねて豪華にしたかった、と義母は言います。義母から祖母の悪口(虐げられた話)をさんざん聞いていたので、なんだか納得できないモヤモヤがあります。

u-tantantan.hatenablog.com

豪華な葬儀と本家親戚筋への連絡は祖母本人の希望だった、ということなのでしょう。葬儀に来た本家の親戚たち数人は全て代替わりしており、祖母の兄弟たちは誰一人来ませんでした。来ません、というより、高齢で体力的に無理な状態なのだと思います。私の両親も80才を超えて最早近所の数百メートルが行動範囲の限界です。

代理で来た息子、娘たち(祖母から見て甥姪なので3親等)も若くて60代、本家当主も70代のように見えました。正直田舎から出てくるだけでもしんどかったと思います。私が姪の立場だったら、香典送って終わりにしたと思います。実際2月に亡くなった伯父の葬儀も参加せず姉弟の連名で香典を送って終わりでした。

世の中コロナだし、生きている兄弟姉妹は皆高齢で葬儀どころじゃないし、私だったら例え祖母本人の希望だとしてもコロナ理由に後日報告にしますけどね。私って結構冷徹な人間なのかも知れません。自分を虐げた毒親なら尚更です。

生前の義母と祖母の関係を見ている私としては、なんで自分を苦しめ搾取し続けた祖母にそんなに尽くさなくてはならないのか?という疑念ばかりです。私が義母の立場だったら葬儀もする気にならないと思います。

まあ、どんなひどい仕打ちをされても、親は親、ということなのでしょうか。結局毒親に死んだ後まで搾取され続けている義母です。生前あんなに文句言っていたのに死んだ途端に涙流して、死期が早まったのは施設に入ったせいだ、と言い出した。散々悪口たたいておきながら、それは無い。開いた口が塞がりません。祖母が亡くなったのは施設のせいではありませんし”早まった”わけではない、寿命です。そういう年齢なのです。

100才まで生きてこれ以上長生きしろと?元気な状態だったらまだ理解できますが、施設で寝たきりの状態で長生きして欲しいと思う心情が私には理解し難いです。恨みからなのか?って勘違いしてしまいます。私だったら寝たきりで生きていること自体悲劇です。と言うより、元気なころにもっと仲良くしとけよ、と思ってしまいます。

義母から聞く祖母の話に同情していた私としては、なんだかんだで、色々な事から解放されてホッしているだろう、と思いきや意外とへこんでいる様子を見ると悪口を言ったり何でも誰かのせいにする癖は(親譲りで)義母の持って生まれた性格なのかも?と思ってしまいました。割と夫もその愚痴が多い性格を受け継いでる感じは否めません。

葬式貧乏。寺には事ある毎にお布施。結局お布施しないと成仏できないよ、って脅されてるようなもんです。宗教なんてどれも所詮金取です。罰が当たるかも知れませんが、私はキリスト教なので関係ありません。私は死後天国へ行って新しい旅を始めるのです。神に召されたということは神に選ばれた、ということ。”成仏”なんて考えはキリスト教ではしませんから全然平気です。まして寝たきりであれば生きる苦しみから解放されますし。充実した人生を生きた人にとっては死は悲しいことではないと思うのです。

兄が亡くなった時はさすがに神様を恨みましたけど、でも、それほど神様が兄を欲しがったのだろうな、と思うようになりました。兄はいっぱい苦しんだし、いっぱい頑張ったから、神様が認めてくれたのだと、精一杯頑張ったから天国へ迎え入れてくれたのだと思います。

でも正直、高齢の両親から息子(兄)を奪ったわけですから、何も悪いことをしていない両親に今さら試練を与え、そんな惨い仕打ちをした神様に”なぜ?”と納得できないことも確かです。戒めに何かを奪うのとはわけが違います。どういう意図で生死を選別しているのか分かりませんが、そこに何か神様の意図があるのだとしたら、生かされている私達にはまだまだやれることが残っている、ということだと思います。

親友にしろ、兄にしろ、真面目で優しくて人間的に正しい人が神様に選ばれるのかな、若くして亡くなる人の共通点は”心優しくて正しい人、そして精一杯生きた頑張った人”なのだと私は思います。フランダースの犬のネロもそうだし…。真面目に生きていれば苦しいことも試練もあるけど頑張れば天国が待っている、そう思って毎日真面目に生きています。

【誰かのために生きる】母は父の為に、私は夫を始め家族のために、最近母と話すのですが、今生かされているのは、父の為、夫の為、家族の為、それだけなのかも知れません。”葬儀はしないこと”両親から言われています。生きているうちに親孝行をしよう。死んでから後悔しないように。

体は弱っているものの自立生活が出来て施設の世話になることもヘルパーを頼むこともなく自宅で余生を過ごす。できれば施設に入ることなく自宅で苦しむことなく寝たまま老衰できれば一番いいのですが。朝起きたら亡くなってた、って理想です。

心臓開胸手術をするくらいなら死んだほうがマシ、と拒否したくらいですから、もしこれから何か手術を要する病気が見つかったとしても多少の認知機能衰えはあるもののボケてはいない父のことですから尊厳死を選択するのではないかな、と予想しています。何があっても驚きません。癌サバイバー、開胸しないバイパス手術で心臓の病も乗り越えた父、会える距離にいて毎週会いに行ける。それだけで幸せです。

私の理想は余命宣告受けてホスピスかな…。両親や愛する人を看取ったら静かに逝きたい。できれば寝たきりにはなりたくないな。寝たきりの高齢者に限り家族の同意があれば積極的安楽死が認められる世の中になるといいな、と個人的には思っています。積極的安楽死を自殺と捉えるのであればキリスト教ではタブーになるので天国に行けるかは微妙なところですけど。誰の世話にもならないで死ねたら幸せ。無理ですけど。

祖母の通夜で久々に姪っ子に会いました。冗談半分ですが、私達死んだときはよろしくね~、友達いないから連絡して欲しい人もいないし、通夜葬儀なし火葬と遺産相続手続きだけお願いね~、と言っておきました。お墓は立てません。生前に樹木葬の永代供養契約しておかないと。管理費も毎年支払いではなく一括で払いきれるタイプがいいです。タイムリーに広告が入っていました。一人35万(埋葬料+管理費10年分一括、その後不要)宗教不問、これがいい。

姪っ子には迷惑な話ですが、子供がいないので姪っ子甥っ子の二人だけが頼りなのです。頭がボケないうちに成人後継人として金銭的にも財産管理してもらいたいと思っています。今姪っ子は三人の子育てでそれどころではないでしょう。甥っ子はまだ高校生。成人後見人の話をするにしても、20年後くらい?姪っ子の子供たちが成人して、もしかして婆ばデビューする頃、改めて老後のこと財産整理についても相談しなくては、と思っています。

葬式貧乏って一番あり得ないです。自分の葬式にお金を使うことに全然意義を感じない私です。ばえる葬式にも興味ないし、来て欲しい友人もいないし、私の為に集まって欲しくないし、なによりお金で天国行のチケットは買えませんから。私の葬式に香典包むくらいなら私を偲んで大好きなビールで乾杯して欲しい。

死んだ人より生きている人にお金を使うべきではないでしょうか。国葬が悪いわけではありませんが、あの人が国の宝に値するのでしょうか?国が豊かで財政に余裕があるならまだしも、多くの国民が税金に苦しめられる中、選挙演説中に暗殺された、という理由だけで国葬扱いにされることに疑問を感じずにいられません。逆恨みで悲劇的に殺された以外に、政治家として特出した別レベルの働きをしたのでしょうか?私にはそう思えません。

三権分立を脅かす司法に介入した黒川検事長の定年引き延ばし案件は特に印象悪すぎです。長く権力を持ちすぎたし強引に好き勝手やり過ぎました。そもそも色々な疑惑が多すぎ。その全てがなかったことにされそうで、モヤモヤを感じずにいられません。

生きているうち、動けるうちがお金の使い時。連休ずっと雨でしたが昨日は久々の晴天に恵まれ早朝から近隣ドライブにでかけました。山の山頂部分では少し紅葉しているところもありました。秋の味覚、栗、梨、ブドウ、キノコを購入しました。今夜のメニューは芋煮と栗ご飯です。

あっという間の9月。今年も残すところ3ヵ月です。今度は入院中の叔父が逝く日も近いかも知れません。これから施設に移るための要介護認定を申請すると言っていたので意外としぶとく生きるかも知れませんし、いつまでも死にそうになかった祖母があっという間でしたから、人の死ってわかりません。

義母曰く、”私は必要ないと思ったけど、義妹が言うから…”入院中の叔父もベルコの会員になったそうで、今度は義妹のせいにするんかい、”世話になっているから逆らえない”、そうじゃない、腹を割って話さないからそういうことになる。何でも人のせいにするのではなく、いい加減自分に非があること分かろうよ。半分呆れながら聞いていました。最近なんだか義母の愚痴を聞くことに嫌気がさしてきました。

個人的に人のせいにして生きている人って好きになれない。自分は悪くないと思っているから反省しないし、だから同じことを繰り返す。そして自分は悲劇のヒロインにでもなった気で同情を誘う。周りの人間は”またか”と思ってしまいます。確実に私の悪口も言ってるでしょうし。別にいいけど。嫁と姑で上手くやってる人ってこの世に存在するのでしょうか…。そりゃ、いるでしょうけど。きっと完璧にできた嫁と関わらない干渉しない姑なのでしょう。同居で良好な関係だとしたら奇跡ですわ。

叔父の葬儀もまた日頃関わりのない本家の人たちを巻き込む気なのか?マジで家族葬にしてください。ってか、うちら家族以外誰も来ないんだし寺でやればいいのに、って思っちゃいます。

u-tantantan.hatenablog.com

あとは再来月、四十九日にまた集まるそうで、また義母の愚痴ばかり聞かされるのだろうな、と思うと気が重いです。いい加減年も年なんだし”誰もやらないから自分でやるしかない”とか意地を張るのではなく同居してる息子夫婦や私達に頼ればいいのに。何か手伝いたいのに「何もすることない」って拒否られて「何もしてくれない」って愚痴聞かされるって、かえってストレス溜まります。

結局何をして欲しいのか?義母のことがよく分かりません。一人でいるのが寂しいのかも知れません。喪が明けたら温泉でも誘おうか。でも入院中の叔父のこともあるし、実家の空き家問題もあるし、コロナ禍だしなかなか現実問題難しいかも知れません。

お読みいただきありがとうございました。