ストレスフリーを目指すブログ

穏やかに健やかに暮らしたい

マーベル(MCU作品)にどっぷり浸かっている話

暑すぎる。今朝の血圧が76/48脈拍71で低く少し立眩症状あり貧血気味かもしれません。夏バテなのでしょうか。何もしていないのに呼吸するだけで最早汗だく状態です。

昨日はアベンジャーズインフィニティウォー(フェーズ3シリーズ3作目)を見ました。ネタバレすると健闘空しくラスボスサノスの指パッチンで人口の半数が消滅してしまいます。サノスの目的は増えすぎた人口を調整すること。食糧難になり貧しい人が増えたのは人口が増えすぎたから。だから半分消してしまえ、という理屈。

間違った正義ってやつですかね。世の中にもそういう人いっぱいいますよね。例えばコロナ自警団とか、危険運転を見て成敗してやる、とか何とか言って自分が煽り運転をしてしまう人とか。自分が正義だと思い込んじゃう痛い人。

サノスは目的を達成するために娘を犠牲にしました。歪んだ正義、自分は正しいことをしていると思い込んでいるから質が悪い。自分の娘を犠牲にしてまでも貫かなければならなかった正義とは何なのだろうか?人口を半分にすることが自分の使命だと強く洗脳された結果なのでしょうか。

まあ、映画としてはとにかくオールスター共演で華々しくマーベルファンなら泣いて喜ぶヒーロー大集合です。サノスの指パッチンで消えるヒーローは、主役級はスパイダーマンドクター・ストレンジ、スター・ロード、ブラック・パンサー、サブキャラではファルコン、スカーレットウィッチ、ドラッグス、マンティス、グルート、ニック・フューリー、マリア・ヒルです。主役級生残りはアイアンマン、キャップ、ソーの3人、サブキャラ生残りはブラックウィドウ、ハルク、ロディ、ネビュラ、ロケット今回不参加のホークアイです。

指パッチンと関係なくロキとヴィジョンはサノスとの闘いで死亡、ガモーラははソウルストーンと引き換えに犠牲になっています。シリーズ4作目のエンドゲーム前に、アントマン2とキャプテンマーベルが挟まります。今日はその2作を見たいと思います。

ここまで見てきて、やはりマーベル作品はそれぞれのヒーローの関係性がよく分かるのでフェーズ通り(公開順)に見た方がいいと思います。何故アベンジャーズが分裂したのか、何故トニーとキャップが仲たがいしているのか。何故ウィンターソルジャーがワカンダにいるのか、バナーが二年間もどこで何をしていたのか、などなど。理由が分からないで見るより関係性を知っているほうがより楽しめると思います。

いやー、どっぷりマーベルにハマっている私ですが、無料期間中に全部見ようと思っているので10月までは忙しくなりそうです。別に見なきゃならない、って訳でもないのですが、今の楽しみなので。とりあえずインフィニティーサーガ(フェーズ1~3)で一段落という感じなのでしょう。2025年公開決定のアベンジャーズ2作はヒーローメンバーがごっそり入れ替わることでしょう。新旧交代、時代の流れですね。

10年以上同じ役を演じるって結構キツイと思います。特にマーベル作品はアクションが基本ですから体力勝負なわけです。私も50才になって初めて経験した腕の痛み(五十肩)やひざ関節の痛み体力の衰えには年齢を感じてしまいます。

ロバート・ダウニー・ジュニアは現在57才、クリス・エヴァンスはまだ40代前半ですからまだまだやれそうですが、50才を過ぎると一気に老化が進みますのでロバートのアベンジャーズ引退は潮時だったのでしょう。そう考えると現在54才のマーク・ラファロ、51才のジェレミー・レナーの引退も近そうです。

グイネス・パルトロウが49才っていうのが驚きです。スタイルも抜群だし、綺麗な人は年をとっても綺麗ですね。素敵な年齢の重ね方をしていると思います。何故かアンチが多いのが気にはなりますが私は好きです。自然の美しさというか、美容にお金はかけてるかも知れませんが、ボトックス注射やメスは入れていないような気がします。自然の皺が美しい。美容整形に頼ってしまうと年を取ってから悲惨になるケースが多い中、マーベル作品のヒロインは天然の美人さんが多いのも嬉しいです。

美容整形しても気づかない程度ならいいと思いますけど。あまりにも不自然なのは…。グイネスもイジっている可能性もあるかもしれませんけど、今のところは天然の美人さんなので成功していると思います。ナタリー・ポートマンスカーレット・ヨハンソンも子役からハリウッドで活躍しているので、美容整形はしていないと思われます。

それではこれから映画タイムに入ろうと思います。激アツのマーベル作品が見放題のディズニープラス、おススメです。加入するなら絶対月初めがお得。契約した月が無料です。ディズニープラスを無料で楽しむ話は別記事で

u-tantantan.hatenablog.com

お読みいただきありがとうございました。