ストレスフリーを目指すブログ

穏やかに健やかに暮らしたい

毒親に支配され搾取され続けた話

治安が良くて安心安全の国が崩壊してしまいました。日本の取柄はそこだったのに家から一歩も外に出たくありません。

警察やSPは平和ボケしていたのでしょう。まさか、まさかこの日本で選挙応援演説中に元首相が襲われるなど想定外だったのではないでしょうか?

それにしても警護の人たち一体何していたのか、って思っちゃいます。一発目であんなに白煙上がって爆音したら、まずは守るべき人を確保することが先でしょう。安倍さんを確保して臥せさせていたら二発目でやられることはなかったかも知れません。

ボディーガードの仕事は依頼人を守ることであって犯人確保ではありません。まずは守るべき人の安全確保、犯人を取り押さえることは二の次です。あんなSPちょっと酷すぎます。警護も穴だらけ。どうぞ狙ってくださいってアナウンスしているみたい。気が緩み過ぎ。平和ボケもいいところ。お粗末すぎます。

ケビン・コスナーのような優秀なボディーガードが側にいれば安倍さんは助かっていたかも知れません。正面は視界の邪魔になるので警護は難しいかもしれませんが、後ろは別に人がいてもいいわけなので警護に立つべきではなかったでしょうか?

今回の安倍さん襲撃は、最早日本は平和で安全な国ではありません、と全世界にアピールしたようなものです。日本は頭のオカシイ人たちで溢れています、十分にご注意ください。イカレポンチが徘徊し幸せそうな人を妬み嫉みで襲っています。

イカレポンチは自分の不幸は全て誰かのせいにして、逆恨みをし殺します。困った世の中になりました。不幸せな人が、気の狂った人が、精神を病む人がこんなにも多くなってしまったのはやはりここ30年の政治が生んだ歪なのだと思います。何でもかんでも自由化自由化って規制緩和して競争社会にして自由にし過ぎました。

犯人について色々な情報がありますが、もし宗教団体が原因で一家離散になった話が本当なら闇が深いですね。政治と宗教は蜜月関係なので。大義を果たすために必要な組織票、それが”団体”と言うヤツです。大義を果たすためには多少の犠牲は厭わない、その結果が暗殺なのかなぁ、なんて。

直接手は下さずとも間接的に安倍さんに殺された、って言う人は少なからずいると思いますし、殺さずとも恨みは沢山買っていると思いますよ。自分の思うことや意思を貫くって大概人の恨みを買うものです。

政治家になればある程度そういった覚悟はできているのではないかな、と思います。カルト教団にメッセージを寄せればどうなるか?くらい想像できると思います。信念あっての行動でしょうから、因果応報と言われても仕方が無いのかなと思います。

議員報酬が高いのもそれなりに納得です。命張って政治やってるなら安いもんです。(高い給料貰って何もしない議員も沢山いると思いますけど)革命を起こそうとすれば恨まれる。狙われて暗殺、歴史で繰り返してきたこと。

安倍さんは権力を持ち過ぎたのかな、って思います。政治って怖すぎます。結局は勢力争いなんですよね。自分にとって不都合な人間は排除する。権力に抗うより生き残るために汚いものにも目を瞑ってしまう。暴露しようものなら抹殺される。

やりたいことをやるためには力が必要。だから怪しいカルト集団だろうが自分を応援してくれる人に尻尾を振る。清廉潔白な人は理想と現実に悩み苦しみ結果潰されて消えていく。政治家で汚れていない人なんているのでしょうか。

こんな世の中になったのは全て政治家のせいにする。母親が宗教にハマって一家離散になったのも安倍さんのせい。違うでしょ。家族離散になったのは明らかに母親のせいです。それを逆恨みして安倍さんを襲うとは勘違いも甚だしい。

安倍さんにはいっぱい疑惑があるし好きにはなれませんが、やっぱり殺されるほど恨まれる筋合いはないのではないかな、と思います。いくら恨んでいても殺そうとは普通の人なら思わないしまして実行に移すなどあり得ないこと。

豊かで平和な日本が終わり、貧しく病んだ人が多い国になってしまいました。道を歩けばキチガイに刺され、道路は無免許無保険車で溢れ、電車に乗れば非常停止ボタンが押され、演説すると拳銃で撃たれ、信じた人に騙され裏切られ金を奪われ殺される。怖い世の中になりました。宗教に関しては以前記事にしました。

u-tantantan.hatenablog.com

迷惑をかけなければ、どんな宗教を信じても構わない、というのが私の宗教に対するスタンスで、別に特定の宗教団体を非難するつもりはないし、その信者を否定する気も更々ありません。信仰はあくまで自由だからです。ただ友人や知り合いがカルト系宗教の信者でしつこく勧誘してくるようなら即刻縁切りします。

宗教にハマって全財産注ぎこみ一家離散するなどあってはならないこと。それに、自分の信仰を誰かに押し付けるとかあり得ません。宗教2世問題が話題ですが、もし自分の親がそうだったら、私だったら迷わず家を出て親子関係を抹消すると思います。

要するに”毒親と縁切り”です。法的に親子であることを抹消することはできませんが、とりあえず成人になるまで我慢したらさっさと家を出て身を潜めて連絡を絶つと思います。あとは関りを断つために法的にできることは全部すると思います。借金とか負の遺産を残されても困るので相続放棄手続きもすると思います。

毒親、と言えば、何と義母の母親、そう夫の祖母がまさに毒親であることが判明してショックを隠せません。まさか夫の祖母が毒親だったなんて…衝撃的な事実です。義母と祖母の関係が険悪なことは以前記事にしました。

u-tantantan.hatenablog.com

親子関係が拗れた理由がわかりませんでした。義母にもそれなりの原因があるのでは?と思っていたのですが、どうやら祖母が毒親だったようです。義母は4人姉弟の一番上で下3人弟がいるのですが、唯一の女の子だったので子供の頃祖父からの愛情を一心に受けていたそうで、それが嫉妬になっていたようです。

祖父が若くして亡くなってから、生前の妬み嫉みもあってか、今でいうヤングケアラー的な扱いだったそうです。小学生の頃から家事に加え弟3人の世話を全部していたそうです。まるでシンデレラ状態です。シンデレラと違うのは継母ではなく実母というところが更に怖ろしい。実の娘に嫉妬心を抱くこと自体信じられません。

義母に見合い話があったとき、相手が地元の名士だったらしく、祖母は大反対したそうです。普通なら名士に嫁ぐと聞いたら喜ぶのが普通の親だと思うのですが、祖母は「そんな旧家へ嫁いだら私の世話を見れなくなる」という理由で破談にしたそうです。

怖すぎます。まさに【あんたは私の世話をさせるために生んだ搾取用だよ】って言われてるようなもんです。女は家事やって親の世話して弟の面倒見て当たり前。手の届くところに置いておく。旧家へなんか絶対嫁には出さない。まさに子の自由を奪い私物化して支配する毒親のテンプレ。

これじゃ、義母が祖母の面倒を見たくなくなるのも納得です。祖母の愛してやまない長男(義母からすると弟)の世話までダブルパンチです。頭に来るのも分かります。でも直系家族の介護を放棄することは法律上できないわけで義母は辟易している様子です。

家族って関係が拗れると厄介極まりないものですね。縁を切りたくても切れない。夫婦なら離婚できるのに、親子は離縁できないのは何故なのでしょう。

病んだ人や正常な判断が出来ない人、常識や倫理や道徳を理解できない人が増えているのは毒親の数に比例していると私は感じます。虐待やネグレクト、ドキュンな親からの救出、貧困からの救済、これが急務だと思います。

負の連鎖は断ち切らないといけません。親の支配から一刻も早く逃れて自立する。これが唯一毒親から洗脳されずにまっとうに生きていくために必要な行動だと思います。でないと義母みたいに一生搾取され悩まされ続けます。

こんな身近に毒親がいるとは驚愕でした。夫には口が裂けても言えませんが、祖母と叔父(長男)は理解の域を超えています。親戚と言えども距離を置きたい、関わりたくない人達です。それでも夫の祖母ですから同じ血が流れているわけで複雑な感情です。

その毒親な祖母も要介護5の認定で無事に施設入居がきまったそうで一安心です。今年迎える誕生日で100才になります。叔父は脳梗塞持ちなので病院内で一生を終えそうです。もしかしたら、祖母より叔父の方が早くに逝くかも知れません。

とにかく義母から聞く話全て衝撃的なことばっかりで気の滅入る週末でした。私たちは自ら選んだ議員たちに搾取され続けることでしょう。親は選べないから仕方ないですが、国民自ら搾取される道を選んでいるので救いようないです。

投票率も期待したほど上がりませんでした。色んな意味で”現状維持”がベストな選択だ、と洗脳されているような気がします。日本のこれからが心配です。

お読みいただきありがとうございました。