ストレスフリーを目指すブログ

穏やかに健やかに暮らしたい

豊かに暮らす意味を考える話

選挙戦が始まりました。毎回思う事ですが投票する時に消去法になってしまう悲しさ。支持政党はありません。無党派層ってやつに分類されるのでしょう。それより参議院って本当に必要なんでしょうか…?二院制こそが無駄な議員に食い扶持与えているだけのような気がします。

岸田政権が現在50%の支持があることに驚きです。高齢者だけでなく若者も上手く取り込み団体票も抱えているから今回の選挙も自民党の圧勝なのでしょうか。ここ数年の若者への媚の売り方が気持ち悪すぎます。

節電でポイント還元とかAV新法可決とか、何だろう、このモヤモヤ感。日本ってつくづく平和なんだな、って思います。

私的には、政府が色々民間企業にクビを突っ込んでいいことあったとは思えないから、そんな小さなことで達成感や成果をアピールされても、ね。って感じです。

いい大人が大勢集まって知恵を絞り出した結果が節電ポイントって、ガッカリです。よくも次から次と愚策を思い付くものだと驚愕です。アベノマスクも酷かったですが、匹敵する?いや上回る酷さです。まったく呆れる、を通り越して感心してしまいます。

もっと危機感持ったほうがいいと思うんですけどね。他人事ですけど、今商売やっている人は大変でしょうね。コロナ禍の次が戦争でエネルギー問題の物価高ですから。誰も予想していない事態のダブルパンチです。コロナ禍は凌げても戦争には勝てません。

爆弾で死ぬことはないですが内戦中のアフリカ諸国のように餓死する人も、もしかしたらこれから出てくるかも知れません。なんでこんなに貧富の差が生まれたのでしょう。私が子供の頃は一億総中流だったのに。

今は中流階級がごっそり抜け落ちているような気がします。パワーカップルとか上流階級が税金搾取のターゲットにされているみたいだから、その人達がこの先中流階級になっていく流れなのかしら?なんか、稼いでも稼いでも税金に取られるって悲しい。

石川啄木の”働けどはたらけどなお、わがくらし楽にならざり”状態ですね。大金稼ぐのも善し悪しですね。年収500万くらいの地方都市暮らしが丁度いいのかな。東京だったらプラス100万ってとこですか?

年収200万がトレンドになりました。実際問題200万で暮らすことは可能だと思います。例えば年金生活者とか、生活保護の人とか200万以下で生活してますし。ぶっちゃけ私も去年は年間支出は200万以内で余裕で豊かに暮らせています。

滅多に外食はしないし、買物は週一回、持家なので固定資産税のみ。固定費は光熱費とスマホ、ネット環境だけ。ですので年間支出は200万以内で収まっています。200万以内で暮らせているけど、でもだからと言って200万の年収でこの先老後を迎えられるか?と言ったら絶対無理な話で老後破産まっしぐらです。

老後に向けて節約してお金を増やすことが絶対必要です。現在節約の甲斐あって割合としては収入の40%を貯蓄に回しています。貯金や老後心配ないくらい資産がある人だったら、年収200万でも豊かに暮らせると思いますよ。でも貯金も資産もない人が「年収200万で豊かに暮らす」なんて到底無理な話です。

20才から40年間60才までインデックス投資で毎月3万を利率3%で運用すれば老後資金の確保も不可能ではありませんが、年収200万では月3万円の捻出も厳しいでしょう。家庭を持って子育てすることも出来ないし、やっぱり現実的な数字ではないと私は思います。もっと若い頃に投資の勉強をしておけば良かったな~と今更ながら後悔しています。岸田さんの功績と言えば投資を推し進めることですかね。私はこのブログを始める直前の50才から投資を始めました。その話は別記事で(これが初めての投稿記事です)

u-tantantan.hatenablog.com

預けるだけで利息が付いた昭和時代の銀行預金はもうありません。貯金から投資への転換は時代の流れだと思います。本を読んでいないので分かりませんが、200万円で豊かに暮らすことは出来ても老後の備えや家庭を持つことは難しい、ってことは確かです。一人だった独身時代に使った金額を考えると恐ろしいものがあります。

脱毛エステ代、お酒とたばこ代、海外旅行、映画鑑賞、洋服や靴、鞄、ブランド品、外食交際費、車、コンサート、色々贅沢してました。そんな事に無駄遣いしないで毎月コツコツ積立投資していたら今頃厚切りジェイソンと同じで余裕でFIREしてました。

でも若い頃色々贅沢三昧やり尽くしたからこそ50才を過ぎた今老後に向けて節約生活を満喫できるのだと思います。子供もいないし、夫婦二人が老後100才まで生きても困らないくらいの生活費は確保しているので、贅沢しないで質素に暮らす分には心配ないです。

老後は全てがダウンサイジングされるので、お金が今よりかからなくなる点は安心材料です。80才過ぎて体が自由に動かなければ遊びに行くことも出来ませんしね。勝負は60代からせいぜい80代前半まででしょうね。

若い頃と違ってどんどん食も細くなりましたし。白米大好きで若い頃はどんぶり飯だったのが、今は小さなお茶碗半分でも多いくらいです。お酒も昔はザルでしたが、今はコップ一杯でほろ酔い。チープドリンカーなのでお金もかかりません。

車も今は流行のSUVですが、大きな車は多分これが最後になるでしょう。大きな車はタイヤも大きくて毎回のスタットレスタイヤ交換が辛そうです。次は買う時は軽自動車か普通自動車だとしてもコンパクトカーになると思います。

健康寿命を延ばして60才から日本制覇の旅!フェリーの旅も鉄道の旅もしてみたい。10年後がどんな世界になっているのか不安でもあり楽しみでもあります。

目指すは【心が豊かな暮らし】健康で心穏やかに何不自由なく過ごせるだけで幸せ。やりたいことだけをやりたい時にやりたいだけやる。生きたいように生きる。目指す究極はそこだと私は考えます。お金は生活に困らない程度にあればいい。お金は人をダメにします。原発で騒いでる人たちがいい例です。高級車乗って一日中ゲーセンで遊んでパチンコして税金免除しろだの、まだ騒いでる。

10年も経っているのに、いまだに集団訴訟とか完璧に頭イカれちゃってます。自然災害、誰が予想できました?完全に堕落してしまいました。クレーマーと一緒です。ゴネれば賠償金を貰えるという甘い蜜を知ってしまったのです。いつまでも被害者面してないで、新しい環境で頑張っている人達を見習って欲しいものです。

お金は人を狂わせます。ダメ人間にお金を渡したところでギャンブルや酒に費やし泡のように消えていくだけです。働いて人並みの収入あっても、まんねん金欠の貧乏人がいますけど、それって、ただ管理能力がないだけだと思うのですが。

浪費をやめれば、というか、働いて働いて休日は文字通り休息したら、お金はどんどん貯まります。浪費するから貯まらない。

使う暇がなければ貯まっていく。アンガの田中さん、中居君も”お金が貯まる一方だ”って言ってますけど、働き詰めで遊ぶ時間がなければお金が貯まっていくのは当然のことです。お金がないならまずは浪費をやめるべきです。

今はほぼ無収入で引き籠り生活の私も若い頃は生きるために必死に働きましたよ。安月給でしたけど頑張って貯金して海外旅行や趣味に消費していました。

浪費と消費。この違いを理解していないとお金を貯めることはできないと思います。

金銭・時間・精力などをむだに使うこと。むだづかい。

人が欲望を満たすために、財貨・サービスを使うこと。

これからは老後に向けて生きる人生なのでイヤなものは見ないでスルーする。私は隠居生活に移行する段階に入りました。無我夢中で働き続けましたから、あとは若者に任せて現役引退、高みの見物です。

戦争が終わっていますように…。イラク戦争は8年、ベトナム戦争にいたっては20年続きましたから。どうなることやら。

お読みいただきありがとうございました。