ストレスフリーを目指すブログ

穏やかに健やかに暮らしたい

ストレス発散とアンガーコントロールの話

昨日の帰宅後からずっと夫の機嫌が悪いこと悪いこと。ストレスでパンパン状態です。毒を吐かせないといけないので、とにかく怒りを爆発させておきます。当然イライラの対象は私に向ってきます。こういう時こそ私の得意技が本領発揮です。

【必殺!テキトーに聞き流しの術】

言葉の暴力としてはモラハラで訴えても良さそうな内容なのですが、ここは甘んじて耐えます。夫が仕事で抱えているストレスを考えたら我慢我慢。私が夫にしてあげられることは小言や愚痴を聞いてあげることくらいです。

まず、庭の花壇水やりをしていないことの小言から始まり、車やテラスデッキについている鳥の糞をみつけては小言、玄関にまとめた大量の書籍をみて小言(ブックオフに売ればいいのにと言う小言。でも10年以上前の旅行ガイドブックや書き込みされた参考書や問題集は流石に売れません)自分の部屋のカーテンと窓が開いていることに小言、コバエがいることに小言、模様替えをしたことの小言、ずっと小言が続きます。

結局自分がやって欲しいと思っていることが何一つ為されていないことへの苛立ちと、逆にいじって欲しくないエリアへの侵入に対してのイライラが混在して「一日家にいて一体何をしているの?」という不満になるのです。

余裕がないと色々な事が目について感情的になります。私にも経験があるのでわかります。なので、ここは夫のストレス緩和に協力しなければなりません。素直に謝って即行動です。パンパンに膨れ上がったストレスがパチンと弾けてしまわないように、徐々に徐々にガス抜きです。今日も色々嫌なことがあったのだろうな…。

とりあえず、シャワーを浴びている間に指摘されたことを全部済ませ夕食です。炭酸飲料で喉を潤し空腹も満たされて、デザートを食べたら少し落ち着いたようです。仕事の愚痴が始まります。ひとしきり話し終わるとスッキリした様子です。反論したいこともありましたが、ここはひとまず同調しておきます。

できない新人君のフォローばかりに時間を取られ昼飯を食う時間も休む時間もない。で、結果、自分がミスをした。自分の仕事に影響がでるほど新人君に振り回され邪魔され中断され自分の仕事に集中できないそうです。

私に言わせるとミスをした原因を新人君に擦り付けているだけだと思うのですが、そこはグッと言葉を飲み込みます。完璧主義者の夫にとって仕事のミスは許せないことなのです。Z世代の新人君は夫にとって宇宙人のような存在で理解し難いようです。新人君の話は別記事で

u-tantantan.hatenablog.com

u-tantantan.hatenablog.com

酒飲んで暴れて暴力振るうようなパートナーだと耐えられませんが、夫の愚痴はもう慣れました。愚痴が日常化しているので夫にとって愚痴を言うことが息をすることと同じレベル。愚痴を言わない(息をしない)=死、だと考えるようになったのです。

だから最近は愚痴を言わないと逆に心配してしまう程です。愚痴を言うのが正常運転。考え方次第です。見方を変え普通の基準を変えてしまうのです。

呼吸をするように愚痴を吐く。私はそれをBGMのように聞き流す。聞いている振りをしながら適当に頷き「大変だったね」と慰める。多分夫も私が殆ど聞いてないことくらい気付いていると思います。

本気で聞いていると”夫を苦悩させ悩ませ追い詰める憎き相手”への怒りで体が震えて夫以上に感情的になり怒りが爆発するので、冷静さを保っている私を見て”聞いてねーな”と思っていることでしょう。自分の愚痴が私のストレスになっていることを夫自信分かっているのだと思います。だから聞いてもらうというよりは一方的に話してストレス発散することが目的なんだと思います。私のブログと目的は一緒です。

怒りはストレスと同じくらい体に悪いです。怒りをコントロールできるようになれば最強なんでしょうけど、これがなかなか難しい。怒りってすごく体力消耗すると思うのです。なので自分が怒った分だけ命を削っていると考えるようにしています。

ある人に抱いた怒りによって自分の命が削られる、命を削ってまで怒る価値がその人にはあるのだろうか?怒りの対象を考えた時、バカバカしい相手だったら怒ること自体無駄な事だと思えば怒りも収まります。

だから新人君に対する怒りも夫にとっては時間の無駄だし、放っておけばいいのに、と思いますし、私だったらスルーします。指導は諦めて引導を渡すかな。厳しいかも知れないけど、三度目の正直で二回までは許すけどそれ以上はちょっと…。

自分に向いていないことに気付かないことも問題だと思うし、使えない人間を放置する会社も会社です。だから終身雇用は使えない社員の救済とか言われるんですよ。使えない社員はさっさと切って使える社員に金を払うべきです。

年功序列がまかり通る日本では就職活動さえ乗り切ればあとはのらりくらりやるだけです。時給制にしてボーナスも退職金もなし。終身雇用制度なんてさっさと撤廃してしまえ、と個人的には思っています。

年齢とか所属年数で評価されることがそもそもの間違いです。成果や能力が重視されて正当に評価してもらえるような会社でなければ、能無しがのさばるだけです。

だから目が肥えた優秀なトップが必要不可欠なのです。コロナ禍だって逆境を力に変え新たなビジネスチャンスとして捉えられる柔軟な経営をできる会社が生き残るのです。発想の転換ができないダメな会社は淘汰される。超自然な事だと私は思います。

政治家は不祥事起こしたら即刻クビ。秘書が起こしたことも全部管理不行き届きでクビ。国民の血税から高い給料を貰っているのだから当然でしょ。そもそも議員の数が多すぎるし、議員特典も多すぎ。それに大したことやってないのに給料貰いすぎでしょ。ボケた爺さん婆さんはさっさと現役退いて隠居してください。政治家こそ定年制にして欲しいです。

社員のミスは管理職が責任を負う。管理職のミスは会社が負う。当たり前のこと。ボーナスだって、業績が上がって財務状況を判断したうえで支払えると思えば経営者の判断で適時支払えばいい。お金だけが賞与ではないと思うので特別休暇とかでもいいと思います。年2回とか給料の何倍という考え方自体が間違っていると思います。

公務員のボーナスが一番納得できません。公務員は国民のための職業。売上とか営業とか業績に関係ない公務員にボーナス支給ってそもそも変だと思います。

トップに求められるものは愛される人間力、聞く力と見抜く力と決断力、管理監督能力だと思います。「責任は全て私にある」言い切れる上司が理想です。

安い給料でもいい。誰かの責任を負うなんてまっぴら御免です。私は雇われる側のほうが気が楽です。日本に怒りを感じると言うことは少しは期待しているのかも知れません。少し毒を吐きすぎました。でもお陰でストレス発散できました。

お読みいただきありがとうございました。