ストレスフリーを目指すブログ

穏やかに健やかに暮らしたい

ストレス発散方法についての話

この時期夫の機嫌が悪くなります。家計簿アプリを使いだしてから銀行の入出金に過敏に反応しだして、国民年金がガッツリ引き落とされているのを見た途端不機嫌になりました。日本に暮らしている以上納税は国民の義務なので怒っても仕方のないことです。

これから自動車税を始め税金のオンパレードです。納税通知書が届くたびに不機嫌になると思うとゲンナリです。できれば夫のいないうちにさっさと納めてしれっとしておきたいです。税金に加え気候的にも梅雨入りで憂鬱な季節到来です。

私がストレスを感じる瞬間は多くは夫が原因だったりします。というか、今は夫しか絡みがないので、必然的にストレスの元は夫になるわけですが些細なこと10個挙げてみます。テレビやメディアで主婦が夫に言われてストレス溜まることベストテンみたいなラインナップです。

  1. 一日家にいて何やってるの?と聞かれること
  2. 今日の夕食は何するの?と聞かれること
  3. 何が食べたい?と聞くと「ない」と言われること
  4. 仕事の愚痴を延々と聞かされること
  5. コンセント抜き忘れ電気消し忘れ待機電力の節約の指摘
  6. ガサツであることを指摘されること(ドアの締め方や物音に対して)
  7. 掃除の仕方をダメ出しされること
  8. 買い物かごに入れた物に「それ必要?」言われること
  9. 見慣れない物(靴や洋服)に対して過敏に反応すること
  10. 美容院へ行く度に「変わり映えしない」と言われること

滑舌悪くて聞きづらいとか、細かすぎて面倒くさいとか、上げたらキリがないのですが一番ストレス溜まるのは仕事しないで家にいて掃除くらいまともにできないの?と軽くモラハラされていることです。掃除が嫌いなわけでもやってないわけでもなく、自分としてはちゃんと掃除しているのですが、どうも気にくわないようです。

私が気にならない隅の埃とか、風呂場のカビとか(指摘されても分からない程度の薄いカビ)この前も浴槽のコーキングが剥がれていることを指摘されたのですが、どこどこ?と覗き込んでも分からないものでした。寝室の壁にできた1ミリの隙間(普段はカーテンで見えない場所)さえも気になって補修するくらいです。それがプロ並みの仕上がりなのでいつも感心させられます。文句言いながらも自分で修復するところはありがたいことだと思っています。

色々気になるのは家だけではなく車にも言えることで「あんな傷つけて気づかないの?どこ走ったらあんな傷つくの」と指摘されてたところに確かに太陽の当たり具合や見る角度でうっすら確認できるくらいの小さな傷があったのですが、そんなに気になる傷か?と私は思ってしまうのです。「100人に聞いてみてよ、誰も気づかないと思うけど」ってレベルの傷です。土足禁止ではないけどマットに小石が付くだけでも嫌味を言われます。シートベルトを外す時も手で押さえながら外すようになりました。勢いで外すとバックルが当たって傷がつくから、と指摘されたのです。

何に対しても小言をいう性格なんだと分かってからはスルーするようにはしているものの、やっぱり”細かすぎる”ことが私にとってはストレスになっています。

兄の嫁さん(義姉)がとってもとっても綺麗好きで、その綺麗好きが度を越しているようで大変だそうです。潔癖症なのでしょうか、コロナ禍になってからはその潔癖症に磨きがかかりさらにパワーアップしているみたいです。母が私にその話を聞かせてくれるのですが義姉の潔癖症話ベストスリーも大したものです。

  1. 帰宅後洗面に直行させられ身包み剝がされて消毒剤振りかけられる
  2. 宅配で届く品物は全て消毒する
  3. 義姉が不在(帰省)の時は家に入れない(ホテル住まいになる)

3については最早理解不能です。義姉不在で兄一人が家にいることがダメだと言う事でしょうか。少し病気のような気がします。それでも兄は文句も言わず耐えている、と母が嘆いていました。でも、そこで母が口を挟むわけにもいきません。嫁姑バトルが始まれば兄が悲しむだけです。ここはじっと耐えます。嫁には人一倍気を遣うのです。兄も辛いと思います。私も兄も(極端な話を言えば私たちの家族全員)ガサツなので、気持ちは重々理解できるのです。結局嫁には抵抗できず言われるがまま受け入れ、だけどストレス溜まるから母に電話して愚痴を溢し、母は私に愚痴を溢し、私はブログに愚痴を溢しています。ストレスの循環です。

今私が実践しているストレス解消法は言わずもがなブログです。キーボード連打がストレス解消になっています。それから最近では部屋を片付けている時に見つけたビリー隊長に再び活躍してもらい体を鍛えてもらっています。腹筋が少しだけ割れてきたような気がします。久々に体重計に乗ったらいい具合に減っていました。普段使わない足の側面が筋肉痛です。相変わらずdisc1の基本プログラムしかやれていません。disc4の最終プログラムに辿り着ける日は来るのでしょうか…。

兄にも何かストレスを発散できるような何かがあると良いのですが。兄とはまったく会う機会がないのでここ数年会っていません。次に会うのは父の葬儀の時かも知れません。兄弟ってそんなものでしょうか。姉はコロナが少し収まった昨年末にやっと帰省できたので会うことができました。お盆にまた会えるかどうか?です。

綺麗好き同士、潔癖症同士、似た者同士のほうがストレスなく暮らせるのかもしれません。両親はガサツ同士です。母が何をしても父は口出ししませんし、父は何もやりません。何もできない、と言った方が正解なのかも知れません。気にならないから何もすることがない、とも言えます。最近は年のせいか二人とも目がよく見えないらしく、コップや茶わんの汚れが気にはなるところですが、本人たちはいたって気にせず普通に使っています。さすがの私でも洗い直しします。茶渋や布巾などは私が気づいたときに漂白しています。気にならない=ストレスがない、幸せな事だと思います。

「なんでもやってくれるいい旦那様じゃない、羨ましい」と母は言います。その通りなんです。なんでもやってくれる自慢の夫です。やり過ぎるのが玉に瑕、なんて贅沢言っちゃいけません。分かっているのですが、ここでだけ愚痴ります。できれば父のように何も言わない(何の関心も示さない)のが理想です。基本、放置されるほうが気が楽な性格の私です。夫はどちらかと言えば、かまってほしい体質なのかも知れません。

一人の時間、これが私の貴重なストレス発散になっていることは事実です。

お読みいただきありがとうございました。