ストレスフリーを目指すブログ

穏やかに健やかに暮らしたい

ゴールデンウィークに起きた小さな事件の話

ゴールデンウィーク期間中カレンダー通りの出勤だった夫に金曜日の夜、委託先の会社から電話がありました。新入社員のコロナ陽性が判明し指導係の社員が濃厚接触者に該当するが、夫はその新入社員と接触があったか?との問い合わせでした。

連絡をくれた社員さんの話では、新入社員が発熱しているのにも関わらず報告せず隠して出社していたそうです。このご時世であり得ません。想像するに、ゴールデンウィーク前半に感染して中盤が無症状の潜伏期間、後半に発症発熱したのだと思います。

個人レベルでの対策は万全のはず。ワクチン接種3回済み、マスク装着、アルコール消毒、三密を避ける行動と、交流する人の制限(家族のみ)、コマメな換気。これだけ気を付けていても、貰い事故みたいなもので、陽性者が同じ空間にいれば感染のリスクはあるのです。

いくら注意していても感染することはあるから仕方のないことですが、でも発熱しているのにも関わらず隠して出社って、何を考えているのか理解できません。私だったら絶対出社しません。たとえ私がいないことで迷惑をかけるとしても、です。新入社員はコロナかどうか分からないから、という理由で出社したようですが、コロナかどうか、ではなく、コロナでなない、という確証がなければ出社してはダメだと思います。

まあ、熱が出たらコロナでなくても休んだ方が絶対いいに決まってるし、新入社員が休んだところで何の影響も問題もない。なのに何故発熱を隠し出社したのか?そこら辺の新入社員の考えの甘さが私には理解できません。

発熱の段階で会社に連絡を入れるべきではないでしょうか。それでも「出社しろ」と会社が言うようであれば会社の責任ですが、コロナ禍でそんな会社は今時ないでしょう。自分勝手な判断が会社に大迷惑をかけることに繋がる、ということが思いつかない想像力の乏しさ、彼の判断力の無さが問題だと私は思います。まずは報告と相談です。社会人としての基本中の基本”報連相”がなっていません。仕事ができない人の典型です。

夫は新入社員との直接な接点はなかったものの、指導係の社員とは接点があるようで、指導係の検査結果次第では夫も濃厚接触者になるかも知れません。身近なところまでコロナが迫ってきました。

濃厚感染者の指導係は一週間様子見で仕事を休むそうです。会社員なら待機期間中も給料保障があるとは思いますが、夫は自営業なのでもし濃厚接触者として認定されてしまったら、その期間働けなくなり無収入になります。会社がクラスターに認定され休業要請でもされたらもっと厄介です。本当に大迷惑な話です。

朝昼晩と熱を測り、家中アルコールで拭き上げ、家でもマスク、こまめな換気、夫とは距離を取りながらの週末でした。今のところ夫も私も無症状ですが、潜伏期間が3日間~5日間で発症のリスクを考えると今週末までは注意しながら生活しなければ、と思っています。

制限解除のゴールデンウィークで増々感染が増えてくると思います。ウィズコロナで普段通りの生活に戻すことは賛成ですが、やはり個人でしっかり対策は続けるべきだと私は思います。私は人がいるところではマスク、居ないところ(一人で歩いたり一人で運転)ではマスクをしていません(常に持ち歩いています)。ジロジロ見られることもありますが気にしません。ある程度の距離がある場合マスクの意味はないと思うからです。非難される行動は慎むべきだとは思いますが、誰にも迷惑をかけないシチュエーションで”こうあるべき”と強要されることには異を唱えたい。

結局は個人個人のモラルの問題だと思います。私の判断基準は「迷惑をかけるか」この一点です。私が行動することによって、どのような影響があるか?バタフライエフェクトではないですが、小さな些細な事が及ぼす影響を考えて行動するようにしています。誰にも迷惑をかけないで生活することはできない、もしできると思っているようならそれは高慢だと思います。でも極力迷惑をかけない生き方はできると私は思っています。宮沢賢治雨ニモマケズ。最後の一説が私は好きです。

みんなにでくのぼーと呼ばれ褒められもせず苦にもされず

そういうものに私はなりたい

守るべき人がいる、感染させたくない人がいる、感染できないと思えば自然と対策をしっかりする。高齢の両親に感染させてしまったら免疫力がない老人にとってはそれが死に直結してしまいます。

暖かくなって最近父が散歩をするようになりました。最近調子がいいのだと言います。ところがゴールデンウィーク期間中に普段は長くても30分程度の散歩が3時間も帰ってこないことがあって母がパニックになった事件がありました。

購読しているブロガーさんの記事で”お父さんにGPSを持たせた”というものがありました。なんとなくそのブロガーさんと境遇が似ているのかな、と勝手に親近感を抱いてブログを読んでいます。父のゴールデンウィーク3時間放浪事件からGPS購入を決心しアマゾンで購入しました。

父の為でもあり、父を心配する母の為でもあります。母は父が散歩に出る度、寿命が縮むと嘆いていました。かと言って、毎回父の散歩に同行するのも嫌だと。こうなればGPSを持たせるしかありません。今までも警察に捜索をお願いすることが数回あり、民生委員にも父の情報は共有されていますが、やっぱり居場所が分からないことには探しようがありません。使えるものは使うが吉です。

みてねみまもり第一世代のピンクが在庫セールで激安特価でした。なんでもそうですが、不人気色は在庫余りで安くなるのですね。巾着袋に入れるのでピンクだろうが気になりません。電化製品全般に言えることですが、型落ちや不人気色はお買い得です。

GPSってどこで買えるのか?家電?と思い某大手家電屋さんの店舗を訪ねるも販売していません、とのこと。やっぱり通販がラクでいいですね。色々探して歩くよりネットでポチっとしたほうが断然ラクだし安いです。

遠方に住んでいる姉と二人で見守ることにします。今週はきちんと作動するかお試しで夫の車に搭載しています。(勿論夫も承知です)今のところ、きちんと作動しているようです。所在が確認できると安心しますね。実家では放浪事件の他にも色々小さな事件があったゴールデンウィークでしたが、何より無事で良かったです。

お読みいただきありがとうございました。